2018年3月6〜9日までの4日間、東京ビッグサイトにて、流通関連で国内最大規模の展示イベント「リテールテックJAPAN 2018」と、商空間デザインや店舗什器などを紹介する店舗総合見本市「JAPAN SHOP 2018」が開催され、両イベントにDNPブースを出展いたしました。
生活者の日常生活へのデジタル技術の浸透がますます加速していくなか、働き手不足やECの浸透など、流通・小売の現場を取り巻く環境は厳しさを増し、リテール業界の仕入れ・調達、マーケティング、店舗オペレーション、決済などの業務プロセスは、自動化や無人化への変革の時を迎えています。
こうした状況を踏まえ、DNP が考える変革のキーワードは、「デジタルトランスフォーメーションで驚きと感動を」。先進のデジタル技術にリアルなチャネルのノウハウを融合することで、生活者だけでなく、店舗やバックオフィスで働く人びとにも新たな価値を生み出す、多彩なソリューションを紹介しました。

JAPAN SHOPのレポートはこちら

デモステージ
「DNPが描く未来のお買い物」

RFIDや電子透かし(DigimarcBarcode)、各種センシング技術、キャッシュレス決済、AIの活用など、デジタルトランスフォーメーションの技術がもたらす「未来のお買いもの」。生活者の行動をとらえ、最適なタイミングで情報や特典を提供する仕組みや、店舗運営の省人化につながるデモンストレーションに多くの来場客が足を止めていました。

電子透かし(Digimarc Barcode)を使ったスムーズなスキャン電子透かし(Digimarc Barcode)を使ったスムーズなスキャン

パッケージ全体に電子透かし(Digimarc Barcode)が埋め込まれた商品を専用カートに入れると、カートの上部に設置されているスキャナーが情報を読み取り、タブレット画面に品名や価格などの情報が表示されます。読み取り〜認識〜表示の一連のステップは一瞬で行われるので、生活者は「商品をカートに入れる」という普段通りの動作をするだけでお買い物を楽しむことができます。電子透かしには電子タグと同様の情報をもたせることができるほか、従来のバーコードの読み込みもできます。

スキャンの様子

棚札にスマホをかざすだけで追加購入が可能棚札にスマホをかざすだけで追加購入が可能

棚札にはNFC仕様の電子タグが埋め込まれているので、スマートフォンのNFCリーダー機能で情報の読み取りが可能。これにより、スマートフォンを棚札にかざすことでお米などの荷物になる商品をその場で個別購入し、自宅配送の手配をしていただくといったサービスにも活用できるようになります。

スマートフォン画面

セミナー

ステージでは、社内外の識者を招いたオリジナル・ミニセミナーを開催しました。4日間で約50コマに及ぶ多彩なテーマの中から、その一部をご紹介します。

トークショーの様子

中部電力 電柱×電子ペーパーによる地域サービス実証実験について

社会インフラである電柱の可能性に着目し、ICT機器や通信ネットワークの活用により新たな地域サービスの創出を目指す、中部電力株式会社の「スマートボールプロジェクト」。その一環として2017年10月に愛知県内で行われた国内初の電子ペーパーによる電柱広告の実証実験について、中部電力株式会社の市橋氏をお招きし、DNP担当者との対談形式でご紹介しました。実証実験では、DNPが電子ペーパーと関連機器・ソフトウェアの提供・運用・企画提案を担当しました。

市橋 氏

中部電力株式会社 電力ネットワークカンパニー ネットワーク企画室 事業戦略グループ スタッフ副長 市橋 氏

Pickup Comment

“情報表示機器として、視認性や景観調和などに優れる反射型電子ペーパーは有力な選択肢のひとつです”

公共空間に機器を面的に設置できる唯一のインフラとして、公共性と事業性を両立する新たな活用法に期待が集まる電柱広告。新たな事業の展開を目指している中部電力株式会社の市橋氏は、さまざまな選択肢を検討してきた知見を踏まえ、電子ペーパーの可能性を高く評価していらっしゃいました。

電子ペーパー看板

マイクロソフトのAIが拓く近未来のお買い物

デジタルトランスフォーメーションを支えるテクノロジーのひとつとして、AIの活用が大きな注目を集める現在。企業向けデベロッパーとして、豊富な実績と高い技術力で知られる日本マイクロソフト株式会社の田中氏をお招きし、最新の実績や可能性についてご紹介いただきました。DNPは同社のクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」のAI機能を導入し、各種リテール向けサービスを提供しています。

田中 氏

日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 テクニカルエバンジェリスト 田中 達彦 氏

Pickup Comment

““AIによる画像誤認識率は2015年の段階で3.5%。すでに人間の誤認識率5.1%を凌駕し、その可能性は大きく広がっています(※)”

人相や感情に加え「何をしているか」や「どこにいるか」まで識別できるという最新のAI技術。リテールの分野においても、常連客の判別や自動翻訳、チャットボットなど、人の作業をサポートするコグニティブサービスを中心にさまざまなアプリケーションの導入が進んでいると、田中氏は指摘しました。
※ImageNet(世界的な画像認識コンテスト)での2015年の結果より http://image-net.org/challenges/LSVRC/2015/results

展示紹介

商品・サービスは、「次世代サプライチェーン」「売り場」「キャッシュレス」「デジタルマーケティング」「カスタマーエクスペリエンス」などの最新キーワード別に展示しました。

展示会場の様子

<次世代サプライチェーン>ゾーン<次世代サプライチェーン>ゾーン

2017年4月に経済産業省が「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を発表するなど、いよいよ実運用フェイズが近づいてきたRFID。RFIDによる「モノのID」は、サプライチェーン上の各拠点間における生産管理、入出荷管理、在庫管理やレジ自動化などのすべての領域で、メーカー・生活者のメリットを生むと考えられています。そこにDNPは、キャッシュレス決済から得られる「ヒトのID」を連携させ、新たなマーケティング価値を創出する次世代サプライチェーンの構築を目指しています。読み取ったID情報は、DNPが推進する“IoST(Internet of Secure Things)プラットフォーム”を活用して情報を安全・安心に守っていくとともに、AIやBIツールで分析・解析し、最適なアクチュエート(フィードバック)を可能にします。
今後もDNPは、RFID導入のメリットを明確化し、メーカー・流通・小売の各プレイヤーに対して新たな価値を創出するシステムの提供を目指します。

コンビニサプライチェーンRFID実証実験

2018年2月、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業の一環として実施した実証実験の概要を展示。食品や日用品などにRFIDを貼り付け、サプライチェーン全体において商品情報を個品単位で一元管理する情報共有システム(国際標準規格「EPCIS」に準拠)の一部を、実際の機器を使って説明しました。

IoSTプラットフォーム
〜スマートフォンでカギの開閉ができるデジタルキーのプラットフォーム〜(プロト版)

スマートフォンアプリを鍵として活用できるデジタルキーの発行システム。公開鍵暗号方式やパブリック認証局と連携するDNPの「IoSTプラットフォーム」に対応することで、高いセキュリティ性を実現しています。正式版は2018年夏リリース予定で、シェアリングビジネスや訪問介護の現場などでの活用が期待されています。

<サプライチェーン>ゾーンの展示一覧はこちら

<売り場>ゾーン<売り場>ゾーン

DNPが考える、売り場をめぐる課題解決のキーワードが「情報の統合管理」です。単にメディア別の商品情報を一元化するだけでなく、情報が確定するまでのプロセス管理も含むもので、重複業務やリードタイムが削減され、“お客様の体験価値を生む売り場づくり”に人的リソースを充てることができます。また、働き手不足が叫ばれる現在、これらの情報を利活用した販促活動(ツール制作)においても「情報の統合管理」の重要性は高まっています。
さらに、統合管理プラットフォームに紐づくかたちで効果の最大化や個別業務の省力化を図るサービスも提供しています。接客時に顧客一人ひとりに合わせた情報の提供を支援する「DNPスマートデバイス商談・接客支援システム Tap Style Cloud」、ロボットの活用で店舗の労働力不足を解消する「最先端Roboticsで実現するWork Style reform」など、最新テクノロジーを活かしたソリューションは今後も多数登場する予定です。

インバウンド対応
〜DNPスマートデバイス商談・接客支援システム Tap Style Cloud〜

スマートデバイス・PCに対応したコンテンツ配信・共有・制作・閲覧クラウドサービス。多言語対応の多彩なコンテンツを接客・営業シーンで活用し、コミュニケーションを最適化します。

展示会場の様子

最先端Roboticsで実現するWork style reform
〜ロボットによる店舗の労働力不足の解消〜

売価・欠品チェックなどを無人で行う小売店向け業務代行ロボット(2018年秋リリース予定)や、接客案内・在庫棚卸しなど業務に合わせた自由なカスタマイズができる自律走行ロボット「Siriusbot」を展示。来場者の要望に合わせ、きびきびと動き回る姿を披露していました。

<キャッシュレス>ゾーン<キャッシュレス>ゾーン

デビット、クレジット、プリペイドなどキャッシュレス決済への生活者ニーズの高まりを受け、DNPは「DNP国際ブランドプリペイド/デビット決済サービス」や「DNPマルチペイメントサービス」などの高セキュリティな決済基盤を提供し、業務オペレーションの負荷を軽減する各種ソリューションをご用意しています。
その最大の特徴は、キャッシュレス化対応を単なる業務効率化に終わらせない点にあります。例えば、「決済連動マーケティング」は、生活者の購買行動を統合・分析することで“根拠のあるマーケティング”を実現し、決済内容に応じて特典を付与するなどのパーソナルな施策に導くサービスで、すでに多くの企業で成功事例を生んでいます。キャッシュレス化によって生活者自身の“驚きや感動”につながるアプローチが実現すると、キャッシュレス決済自体の付加価値が高まり、マーケティングと販促のさらなる相乗効果が期待できます。

カードレス
〜DNPモバイルWalletサービス〜

決済、ポイント、プリペイド、通知等の機能をスマートフォンアプリに統合できるゲートウェイサービスです。スマートフォンアプリに各種機能を集約することで、ユーザー利便性の向上に加え、プロモーションやマーケティング機能による顧客接点の強化を実現します。
本サービスは、株式会社みずほ銀行の「みずほWalletアプリ」に採用され、当日デモンストレーションアプリが展示されました。

決済画面

決済連動マーケティング

決済情報に基づき施策立案〜実行〜効果検証のサイクルをワンストップで展開するサービスです。ID-POSデータをもとに購買行動等の分析・施策立案を行える「POS連動マーケティングサービス」、決済内容に応じて特典を付与するなどのパーソナルな施策に導く「DNP決済連動会員育成サービス Card Linked Marketing」、多様な決済手段や関連サービスへのデータ連携を一元管理できる「DNP決済ID販促サービス」などの関連サービスがあります。

商談の様子

<デジタルマーケティング>ゾーン<デジタルマーケティング>ゾーン

スマートフォンやSNSを介したコミュニケーションが日常化した現在、生活者はネットとリアルを自在に行き来し、自分に必要な情報を見極め、深め、広げる力が飛躍的に向上しています。企業が一方的に流すありきたりな情報では、彼らの心に届くどころか、評価を下げる可能性さえあります。そこでDNPは、リアルな場とデジタルを連携させて感動的な体験(Emotional Experience !)を呼び起こす、新たなアプローチを構築しています。
例えば、「エモーショナル カスタマージャーニーマップ」では、顧客ロイヤリティを数値化して生活行動への影響を測り、施策の内容や実施時期のシナリオ検討に役立てます。その際、企業のマーケティングデータだけでなく、DNPのコミュニケーション支援業務やコンタクトセンターなどのBPO業務、さらには自社で運営する生活者向けサービスなどから得られたオリジナルデータもプラスオンし、施策立案の精度を高めています。
PDCAの運用支援にあたっては、マーケティングデータの「透明性や真正性」を重視している点も特長です。

DNPオリジナルデータ活用
〜DNP家計簿アプリ レシーピ![AIスピーカー連動]/レシートデータ活用〜

「レシーピ!」を通じて集めたレシートデータを、GISツール上で「商圏分析」「併用店分析」などに活用いただく開発中のサービスです。生活者向けには、レシーピ!×AIスピーカーで新しい買い物スタイルを提案します。

データ活用画面

エモーショナルエクスペリエンス

ネットプロモータースコアを加味することで定量的に効果が測れる「エモーショナル カスタマージャーニーマップ」や、DMP+MA機能を融合したマーケティングオートメーションツール「diip」、シナリオ構築からキャンペーン設計、MAツール運用等を支援・代行する「マーケティング運用支援サービス」など、コンサル・システム・運用の各フェイズを一貫してサポートする多彩なサービスを紹介しました。

エモーショナルエクスペリエンスブースの様子

<カスタマーエクスペリエンス>ゾーン<カスタマーエクスペリエンス>ゾーン

リアル店舗における生活者のコト体験=カスタマーエクスペリエンスを喚起する手法として、DNPでは最新ICTツールの研究を進めています。これまでにない店頭体験のカタチに、思わず足を止めて見入る来場者が数多く見られました。

DNP電子ペーパー powered by E Ink

電子ペーパーによる新しい空間演出(スペースプロモーション)を展示。人の動きに連動して色が変わるなど感動や驚きを生む電子ペーパーの「壁」や、店舗に設置する具体的なプロモーションツールなどを紹介しました。

AI活用シェルフ [参考出展]

AIを搭載し、音声案内やカウンセリング、レコメンド、多言語対応など、多様化する生活者の購買行動等を幅広くサポートする新型シェルフです。業務支援用に、欠品情報の連絡や在庫確認などの機能も実装可能です。

未来のお買いもの(電子透かし)

電子透かし(Digimarc Barcode)を活用した新しいお買いもの体験(ストアオペレーションと生活者向けプロモーション)を提案。電子タグ(RFID)の読み取り機能も実装し、両者が混在する環境での利用にも対応します。