5G通信技術展
(通信・放送Week 2022 内)

第5回5G通信技術展

開催日
2022年6月29日(水)~7月1日(金)
開催場所
東京ビッグサイト
開場時間
10:00~18:00(最終日のみ17:00)
""

Beyond 5G(6G)技術・5Gインフラ製品に特化した専門展
5G通信技術展が開催される通信・放送Weekは、5G/IoT、光通信、4K・8K映像技術、映像伝送などの最新技術が一堂に出展します。
通信事業者、通信システムメーカーなど通信技術を求める技術者や、放送事業者、産業分野(医療、セキュリティ、イベントなど)の映像技術を求めるユーザーが日本全国から来場する展示会です。


出展概要

​DNPブースでは透明アンテナフィルム、電波反射板、薄型放熱部品​といった次世代通信を支えるさまざまな機器に活用できる商材をご紹介します。

出展内容

""

透明なフィルム上に、目に見えないほどの金属配線を超微細なメッシュ(網目)状に形成したものです。優れた透明性に特長があり、5G対応製品の透明表面材にアンテナを設置でき、アンテナ設置場所に余裕のなかったモバイル機器や窓ガラスにおいて、視認性を損なうことがありません。
ニュースリリース:5G対応製品向け透明アンテナフィルムを開発

""

水の気化、凝縮によって瞬時に熱を移動させる機能を持った、ヒートパイプと同じ「金属製放熱部材」の一種です。薄型の電子デバイスで一般的に使用されているグラファイトシートと比べ、高い熱伝導能力を持っており、瞬時に熱を拡散させて放熱することができます。
特集記事:5G時代を支える!超薄型放熱部品「ベイパーチャンバー」

""

5G通信で使用されるミリ波を狙った方向に反射できる特殊な電波反射板です。一般の金属反射板に比べ設置時の制約が少なく、建物の陰などの電波が届きにくい場所の通信環境を改善します。
ニュースリリース:5Gの電波の到達エリアを拡げる電波反射板を開発

""

5G-Sub6帯で各通信キャリアに割り当てられている100MHz以上の帯域幅に対応しながら、直径15cmの細い円柱にも巻き付けられる可撓性(かとうせい:しなやかにたわむ機能)を持ったフィルム型アンテナです。
ニュースリリース:景観を損ねず、屋外でも設置可能な5G-Sub6帯用フィルム型アンテナを開発