[Edvation×Summit2019 開催報告]11/4パネルディスカッション
「市長が語る自治体の教育イノベーション」で奈良市長がEdTech活用の取組みを紹介!

開催日
令和元年11月4日(月・祝)、5日(火)
開催場所
東京都千代田区立麹町中学校・紀尾井カンファレンス
開場時間
9:00~18:00

イベントは終了いたしました。

■パネルディスカッションの概要

11月4日、5日に、DNPが協賛したEdTechグローバルカンファレンス「Edvation×Summit2019」が開催されました。

4日にはテクノロジーを公教育に積極的に活用する佐賀県多久市・大阪府箕面市・奈良県奈良市の市長によるパネルディスカッション「市長が語る自治体の教育イノベーション」が開催され、DNPの学習支援サービス 「リアテンダント®(Realtendant)」を導入する奈良市・仲川市長より、同市「学びなら」事業の取組みが紹介されました。

仲川市長からは、従来の一斉授業からデータに基づく個別最適化学習により、教員の指導のリカバーと児童の「学びモレ」を減らす効果が出たこと、教育効果では大阪大学 大竹教授のデータ分析結果から、効果的に活用した際の学力向上が見られたことなどを発信していただきました。

また、多久市の横尾市長からは学習系・校務系システムのフルクラウド化やテレワークの採用による、教員の働き方改革への取組みについて、箕面市の倉田市長からは小1から中3までの学力、体力、生活状況を毎年全数調査しデータ化、様々な分析を行うことで教育施策の立案に活用している取組みが、それぞれ紹介されました。

登壇者のディスカッションはほぼ時間いっぱい行われ、熱気のあるセッションとなりました。


以下のサイトから、本パネルディスカッションの全文書き起こしがご覧いただけます。
https://logmi.jp/business/articles/322117

■個別最適化学習に関するブース展示

DNPは、本カンファレンスで同時開催された展示会に、学習クラウド「リアテンダント」による個別最適化学習サービスをご紹介するブースを出展しました。

①学習クラウド「リアテンダント」の概要

タブレット等のデバイスからだけでなく、紙で実施するテストからも効率的にスタディログを蓄積し、個別最適化学習を提供する学習クラウドサービスであり、奈良県奈良市、東京都新宿区など全国約120 自治体 3300 校(2019 年度までの累計)で導入されています。
先生が自作で行うテストはもちろん、各教材会社が提供する教材との連携や、AI ドリル「Qubena(株式会社COMPASS)」や、英語教材「カラオケEnglish(株式会社REKIDS)」といったEdTech サービスとの連携も進んでいます。

  詳細はこちら

②「リアテンダント」小学校向けソリューション

単元テストの取組み結果をスタディログとして蓄積、AI的な分析を行うことで、一人ひとりに違った復習問題で提供する、個別最適化学習を実現しています。
復習教材はタブレット対応のデジタル教材だけでなく、紙教材の形でも提供が可能です。導入実績として、奈良県奈良市(市内全43小学校で導入)をはじめ、東京都新宿区、福岡県北九州市など多くの自治体・学校で導入が進んでおり、有識者による学習効果の分析も進んでいます。

  詳細はこちら

また、全国の小学校の約8 割で日常的に使われている「評価テスト」の採点を効率的に行い、スタディログを取得できるようにするなど、今後も対応する教材を順次増やしていきます。

③ 「リアテンダント」中学校・高校向けソリューション

先生が自作する定期テスト等の採点をデジタル化することによる効率化、およびそれによって得られるスタディログを多様なグラフや表で可視化することで、先生の指導・評価を支援します。展示では、神奈川県相模原市様の実践事例映像や高知県高知市様のインタビュー映像、および採点・集計機能のデモを交えて、ご紹介しました。

  詳細はこちら



■Edvation×Summit2019 開催概要

■お問合わせ

大日本印刷株式会社 教育ビジネス本部
 TEL:03-6735-6195
DNP教育ICT情報サイト https://www.dnp.co.jp/biz/theme/edu/