デジタルアーカイブのトレンドと最新事例をご紹介
『資料の電子化・データ活用セミナー』

資料の電子化・データ活用セミナー

開催日
2019年2月4日(月)
開催場所
DNP五反田ビル
開場時間
15:00~17:30(受付開始:14:30)

セミナーは終了いたしました。

開催概要

紙の書類や写真、製本された冊子、映像・音声の保存媒体等、大量のアナログ資料を放置すると、必要な時に探すのが困難となり、様々な業務を圧迫してしまいます。今回のセミナーでは、こういったアナログ資料の電子化(デジタルアーカイブ)を検討する際、知っておきたいルールや原本の適正な保存方法、電子化の「必要性・メリット・活用事例」等をご紹介いたします。
『守る』では、デジタルデータでの保存に関わる法律「e-文書法」を元東京国税局情報技術専門官の袖山喜久造様が解説。『使う』では、丸善雄松堂様、ハイパーギア様をお迎えした最新事例のご紹介。『残す』では、保管資料の劣化を抑える脱酸技術のワザをプリザベーション・テクノロジーズ・ジャパン横島文夫様からご紹介いただきます。

※DNPの「資料の電子化・デジタルアーカイブ」についてはこちらでご紹介しています。

プログラム

15:00~15:15(15分)

『作る』様々なアナログ資料のデジタル化をご紹介

大日本印刷株式会社

膨大なアナログ資料を抱えていませんか?大日本印刷では、オフィスでのファイリング文書から、貴重な美術品まで、様々なアナログ資料に対し、印刷会社のノウハウを生かした電子化対応をしております。大量のスキャンを行う電子化工場や、高品質画像を撮影するスタジオなどのご紹介も含め、電子化業務全般についてご紹介いたします。

15:15~15:45(30分)

『守る』「e-文書法」に基づく、書類の電子化について

SKJ総合税理士事務所 所長・税理士 袖山 喜久造 様

講師画像

元東京国税局情報技術専門官 袖山 喜久造 税理士を講師としてお招きし、「e-文書法」 によって電子データで保存できる書類について、対応する法律と保存方法・注意点などを解説していただきます。「契約書」「領収書」「請求書」「議事録」「決裁文書」「設計図面」など、幅広い書類について解説していただきます。

(10分) 休憩
15:55~17:00(65分)

『使う』デジタルアーカイブのトレンドと最新事例

大日本印刷株式会社/丸善雄松堂株式会社/株式会社ハイパーギア

資料の電子化・デジタルアーカイブについてのトレンドと、2018年11月に公開された「新聞通信調査会デジタルアーカイブ」をはじめ、企業資料、書類、製品カタログ、図面など、最新のデジタルアーカイブ構築事例を、デモンストレーションを交えてご紹介します。

17:00~17:30(30分)

『残す』脱酸技術で、紙資料を未来に残す

株式会社プリザベーション・テクノロジーズ・ジャパン 横島 文夫 様

脱酸(脱酸性化)により、酸性紙の酸を安全に中和し、書籍や文書などの紙資料の寿命を長期にわたって延長する保存技術「ブックキーパー脱酸法」をご紹介します。書籍や文書の他にも、原稿、楽譜、パンフレット、ポスターなど、紙を素材とする資料を脱酸することができます。

  • プログラムは予告無く変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • セミナーは定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • 同業者および学生の方につきましては、お申し込みをご遠慮いただきますようお願いいたします。
  • 駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮願います。
  • セミナーの録音および撮影はご遠慮ください。

アクセス

DNP五反田ビル

〒141-8001
東京都品川区西五反田3-5-20

  • JR 山手線「五反田」駅
    西口より 徒歩6分
  • 地下鉄 都営浅草線「五反田」駅
    A2番出口より 徒歩6分
  • 公共交通機関をご利用ください。

会場地図はこちら(mapを開きます)

DNP五反田ビル 地図

お問合わせ

大日本印刷株式会社 出版メディア事業部 事業企画開発本部 03-6735-6254