新時代の学びと自治体の取り組み最新事例 学習履歴(スタディ・ログ)活用、プログラミング教育、働き方改革で指導が変わる [仙台会場]

開催日
2019年10月3日(木)
開催場所
TKPガーデンシティpremium仙台東口 ホール10A
開場時間
13時開演~17時終了予定(11時15分開場)

セミナーは終了いたしました。

■開催報告

■実施概要

文部科学省が推進する重点施策である「先端技術を活用した指導の改善」や、「ICTを活用した働き方改革の取組み」、さらに2020年度に必修化となる「プログラミング教育」などについて、有識者の講演や東北地区を含む自治体・学校現場の取組事例発表を行いました。

■プログラム

●基調講演 「新時代の学びに向けて」

■一般社団法人日本教育情報化振興会 会長 赤堀 侃司 氏
「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」や、文部科学省の来年度の概算要求のポイントを交え、教育委員会や学校現場が今後進むべき方向性について、ご講演いただきました。
赤堀侃司先生 特別寄稿「 新時代の学びに向けて」 ~「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」公表をうけて~はこちら

●講演 「必修化目前!プログラミング教育実践のポイント」

■宮城教育大学 技術教育講座 教授 安藤 明伸 氏
必修化まで1年を切った小学校プログラミング教育。授業の中での実践に向けて、今年度取組むべきポイントを具体的な事例を交えご講演いただきました。
コラム「論理的思考力が身につく! プログラミング教育実践のポイント」はこちら

●取組事例 「プログラミング教育を中心とした取組」

■福島県本宮市立五百川小学校 校長 安齋 宏之 氏
同校における取組について、「SWITCHED ON Computing日本版」も活用した事例をご報告いただきました。
小学校で求められるプログラミング的思考を育む教材ソフトDNPプログラミング教材ソフト「SWITCHED ON Computing 日本版」はこちら。

●講演 「今求められる個別最適化学習とは」

■奈良教育大学 教授 小柳 和喜雄 氏
学習履歴(スタディ・ログ)を活用した指導が求められる背景や、今後の展望についてご講演頂きました。
コラム「一人ひとりの特性に応じた学びを実現する、「個別最適化学習」とは」はこちら

●講演 「児童の学力向上に向けた自治体の取組」

■奈良市育委員会 奈良市教育センター 教育支援・相談課 課長補佐 皿木 博幸 氏(予定)
個別最適化学習に全43小学校で取り組む、奈良市の取組と今後についてご講演いただきました。
個別に最適化した学習の取り組みの導入事例や先生の声をご紹介しています。

●取組事例 「学校現場で進む働き方改革の取組」

■西東京市立明保中学校 主幹教務主任 西田 知之 氏
学校現場におけるテストの採点効率化による指導の改善や、校内外へのアンケート調査の集計業務の効率化などの事例をご紹介いただきました。
コラム「教員の「働き方改革」を実現するためには? ICT 活用による業務効率化がポイントに!」はこちら

ここから、セミナーレポートがダウンロードいただけます(別ウィンドウで開く)

■展示コーナー

DNP らくらく採点システム Answer Box Creator ®   〈大日本印刷㈱〉
先生の大きな負担となっている、テスト採点やアンケート集計を、学校のICT機器を活かして効率化! 「働き方改革」を、具体的に進めたい学校様にぴったりです。

デジタルペン授業支援システム「 OpenNOTE ® (オープンノート)」  〈大日本印刷㈱〉
紙のワークシートに手書きした内容をリアルタイムにデジタル化し、電子黒板や大型提示装置で共有できる学習システムです。教室での授業における意見、解答の共有ができます。

統合型校務支援システム Te-Comp@ss  〈㈱文溪堂〉

SKY MENU  〈Sky㈱〉

AI型タブレット教材Qubena  〈㈱COMPASS〉

中学・高校向け 学習支援  リアテンダント ®  〈大日本印刷㈱〉
小学校向け 学習支援  リアテンダント ®  〈大日本印刷㈱〉
「様々な教材」 と「学習支援機能(データ蓄積、集計・分析)」で、「個別に最適化された学び」の実現を目指すクラウドサービスです。

プリント教材システム みんなの学習クラブ® 〈㈱日本コスモトピア〉

プログラミング教材ソフト「 SWITCHED ON Computing 日本版」   〈大日本印刷㈱〉
プログラミング教育先進国であるイングランドで最も普及している教材をもとに、2年間・約200時間の実践的な授業研究から生まれた、小学校で求められるプログラミング的思考を学べる教材ソフトです。

お問合わせ

大日本印刷株式会社 教育ビジネス本部
TEL:03-6735-6195
FAX:03-6735-0901

お問合わせ/メールマガジン登録(別ウィンドウで開く)

メールマガジン配信希望の方は、お問合わせ対象「その他」を選択し、お問合わせ内容に「メールマガジン配信希望 」とご記入ください。