個に応じた学習を支援するEdTechツール

リアテンダント デジタルドリルシステム

紙のプリント教材がタブレットに変わっただけで、今まで通りのスタイルで学習ができます。それなのに学習効率はとても高まるシステム、それがリアテンダントデジタルドリルです。

●概要

リアテンダントデジタルドリルは個に応じた学習を支援するEdTechツールです。

  • タブレットで問題を表示するデジタルドリル。
  • 紙の問題集がタブレットに変わっただけで、使い方はとてもシンプル。
  • タブレットで問題集を見て、紙に書いて解くスタイル。
  • これまでの学習スタイルのまま、学習効率を上げることができるシステム。

●特長

リアテンダントデジタルドリルは、紙のプリント教材がタブレットに変わっただけで、今まで通りのスタイルで学習が可能です。
普段通りに問題を解き、解いた問題の類似問題を解くことで「応用力」をつける。その学習履歴から復習すべき問題を提示し「記憶の定着」をサポートする。さらに、苦手そうな問題をピックアップして「弱点を補強」する。
最高のコンテンツをこれまでと変わらない感覚で勉強できる。それなのに学習効率はとても高まる。それがリアテンダントデジタルドリルです。

●機能

・授業の復習として利用

・テスト前の勉強として利用


※中学校の場合は、AIによる出題機能で、さらに学習効率アップ!

・持ち帰り学習での利用

◆先生向け機能もございます

  • 宿題配信機能
    作成したプリントを宿題として、児童生徒に配信することが可能。
  • 進捗確認機能
    提出済み、未提出を確認することができ、正答率を見て評価スタンプの送信も可能。

これらの機能で、宿題に関する業務を大幅に削減することが可能になります。
休校中の対策にも利用可能です。

◆詳細

  • AI機能は中学校の数学と英語に対応しています。
  • 難易度別教材について、小学校の国語・英語、中学校の国語には対応していません。
  • 導入可能時期は下記になります。
    2020年9月~:小学校算数・英語、中学校数学・英語
    2020年11月~:小学校理科・社会
    2021年4月より順次:小学校国語(文法)、中学校 21年度 改訂版 数学・英語・国語(文法)・理科・社会、漢字(進級式)、難易度別教材

◆採点パッケージとの連携

リアテンダント採点パッケージを導入いただくと、テストの分析結果から取り組むべき問題を連携し「個に応じた学び」の効果アップが見込めます。

リアテンダント 採点パッケージ(中学校・高校向け)の詳細はこちら