文化財の保存と次世代への継承

文化財の超高精細撮影

社寺城などが所有する文化財は、自然災害や人災のみならず日常の中でさまざまな劣化のリスクにさらされています。
現在に至るまで受け継がれてきた貴重な文化財の価値は、後世まで時代を超えて継承されることが求められており、
それに応える手段として、DNPは国宝や重要文化財を含む多数の襖絵、壁画、天井画、掛軸などの超高精細撮影を
手掛けてきました。
文化財の忠実な画像データ化によって、デジタルアーカイブの推進に寄与しています。

DNPデジタルアーカイブ_ソリューション_超高精細撮影

現地調査~撮像~画像修整の流れ

①現地調査と基本設計

文化財に精通した専門職が文化財の忠実な画像データ化にとりかかる前に、原本の状態や周辺環境などを現地で調査します。
原本のサイズ・形態・技法・保管状況、作業スペース・動線・照明環境などを確認し、画像データの目的や用途に応じて監修者の必要性、撮像方法・画像修整方法の適切性などについて協議します。このような調査を踏まえ、撮像から画像修整までの工程内容・時間・費用などの最適な作業計画を設計・構築します。

DNPデジタルアーカイブ_ソリューション_超高精細撮影

②撮像

原本を高精細に撮像する方法には、スキャニング方式とデジタルカメラ方式の2種類があります。
スキャニング方式は非接触構造、補助照明は紫外線や熱を出さないLEDタイプを使用するなど原本を損傷させないよう細心の注意を払い、あらゆる予防策を講じて作業にかかります。基本的にはスキャニング方式で撮像しますが、原本のサイズが小さい場合、壁画のように設置場所から移動が不可能な場合、複数のアングルや照明条件で画像データを残す必要がある場合などはデジタルカメラ方式を採用します。
一般的な襖(900mm×1800mm)1枚を原寸で忠実に再現可能な解像度で記録するためには、4億画素以上もの画素数が必要となります。

DNPデジタルアーカイブ_ソリューション_超高精細撮影
スキャニング方式

DNPデジタルアーカイブ_ソリューション_超高精細撮影
デジタルカメラ方式

③画像修整

撮像で取得した高精細な画像データは、カラー・マネジメント・システム(CMS)によってデータ修整し、適切な色相・濃淡・階調で作者の筆致・筆勢などを再現します。
目的や用途に応じて、監修者・文化財所有者の確認を得て文化財の破損・劣化箇所を画像修整し、監修者が想定する原本完成当初の状態を復元するケースもあります。

DNPデジタルアーカイブ_ソリューション_超高精細撮影

超高精細画像の活用

文化財の画像データを、原寸で忠実に再現できる品質で後世に遺すことには大きな意義があります。
デジタルアーカイブとして教育分野や研究分野など多方面に活用できるだけでなく、この画像データから製作された精緻な複製は、原本は収蔵庫で適切に保存しながらも鑑賞や公開は継続できるという「文化財の保存と公開の両立」に寄与します。

関連ページ