テストの丸付け後に必要な、先生の集計・入力業務をサポート!

DNP学びのプラットフォーム「リアテンダント®
採点パッケージ(小学校向け)

リアテンダントは「働き方改革」しながら「個に応じた指導」を支援する学習プラットフォームです。 テスト結果の集計から指導に関する分析までを一貫して行うことができます。 テストの丸付け後に必要な、先生の集計・入力業務をサポートし、子どもたちに目を向ける時間を創出します。

●概要

リアテンダントは「働き方改革」しながら「個に応じた指導」を支援する学習プラットフォームです。
テスト結果の集計から指導に関する分析までを一貫して行うことができます。
テストの丸付け後に必要な、先生の集計・入力業務をサポートし、子どもたちに目を向ける時間を創出します。

集計した学習データから、指導が必要な生徒を見つけたり、指導すべき学習課題を分析することができます。

分析結果をもとに、子どもたち一人ひとりの学習課題に応じて指導することで、子どもたちの学習効率を上げることが可能です。

●特長

◇集計機能の特長

評価テストの採点業務後に必要な、集計業務の負荷を軽減します。
例)テストの結果 (合計点・観点) を管理シート (紙) に記入。
 Excelなどでデータ化し、校務支援システムへの入力。

●機能

◇らくらく集計機能

採点後の答案用紙をPDF化し、リアテンダントに取り込むと手書きの〇、✔、△を自動判別。
判別結果を確認するだけで 集計作業(観点・合計点など)が完了します。
※対応している教材会社様についてはお問合わせください。

◇校務支援システムとの連携

リアテンダントから出力した採点データ(CSV形式)を活用し、「観点別得点」等のデータを簡単かつ正確にデータ入力できます。
校務支援システムへのデータ入力業務でも効率化が図れます。
全国で多数の校務システムとデータ共有した実績がございます。

◇学習データの見える化

学習データを多くのグラフで見ることができます。
年間通して結果を集計・分析し、児童・生徒の「変容」を見取り、指導に繋げることができます。

前回より点数が下がった生徒や観点別得点が下がった生徒など、指導が必要な生徒に気づくことができます。

「学習データの見える化」について詳しくは こちら

◇個に応じた学習教材

デジタルドリル

リアテンダントのアダプティブ教材を使えば、学習課題に応じて指導することが可能です。

リアテンダント デジタルドリルシステムの詳細はこちら