“学力の伸び”が見られた学習教材

DNP学びのプラットフォーム「リアテンダント®
個別復習教材付き単元テスト

小学校4~6年生の算数の授業で活用いただける「単元テスト・期末テスト」と「個に応じた復習教材」を提供するサービス。 一人ひとりの能力に応じた復習教材が、児童のモチベーションや学習効率を上げることをサポートします。

関連する18分野を見る

関連する記事を見る

当サービスは、奈良県奈良市の「学びなら」事業※への取組みに活用され、
研究結果から“学力の伸び”が見られた学習教材です。

●概要

小学校4~6年生の算数の授業で活用いただける「単元テスト・期末テスト」と「個に応じた復習教材」を提供するサービスです。
DNPが提供する単元テストを実施し、先生はリアテンダントで効率的に採点します。
そうすると、リアテンダントのAIがテストの採点結果から児童の能力を分析し、個に応じた復習教材を提供します。
一人ひとりの能力に応じた復習教材が、児童のモチベーションや学習効率を上げることをサポートします。

現在1万人の児童にご利用いただいています。※2020年3月末時点

◇個別復習教材付き単元テストの効果について

当サービスは、奈良県奈良市の「学びなら」事業※への取組みに活用されています。
この「学びなら」事業を通じた教育効果について、奈良市と共同研究を行ってきた大阪大学 大竹教授に、その研究の意義と結果の概要についてお話いただきました。

専門分野:労働経済学、行動経済学「国立教育政策研究所評議会評議員」「文部科学省中央教育審議会臨時委員」「尼崎市『学びと育ちの研究所』所長」等、各方面でご活躍されています。

スタディ・ログを蓄積することにより、一学期ごとに算数の学力がどのように変化したのかを、個々の児童で3年間(4〜6年生)にわたって追跡することが可能になりました。
そのデータの蓄積から教育の効果を測定し、各小学校のクラスの中での教材の活用の仕方によって、学力の伸びが違うということが明らかになりました。

記事詳細は こちら

※「学びなら」事業…2017年より奈良市内全43小学校で、算数の単元テストの分析結果から個別の復習教材を提供する事業。学習意欲の向上と学力の定着を図る。

教育現場ではいま、教育の効果を測定し客観的な数値として示すことが必要です。
当サービスを活用しデータを蓄積することで、“よりよい教育の方法”、“教育の本当の効果”を測ることができます。

●ご利用いただいた小学校からの声

個に応じた難易度の復習教材が届けられるため、教科に苦手意識のある児童でも、解くことで自信がついたり、先生にわからないことを積極的に質問するようになったり、児童のモチベーションが上がったと好評いただいています。

●提供品目

リアテンダントは、テストと個別の能力に応じた復習教材をご提供します。
さらには、復習や今後の授業に役立てられるクラス別集計表も付属。
クラス別集計表ではクラスごとの強みや弱み、観点ごとの理解度などをわかりやすく一覧できるので、先生が授業や教え方を見直す際の1つの指針になります。

●事例

・奈良県奈良市教育委員会様
「学びなら」事業で子どもたち一人ひとりにそれぞれの学びを

・福岡県北九州市立中原小学校様/東京都荒川区立大門小学校様
教員の指導力向上にAI分析を活用/学び合いが生まれる教室に変化

・東京都新宿区立落合第六小学校様
区の学力定着度調査の結果が向上