時に触れる 時を感じる

DNPコンテンツインタラクティブシステム
みどころビジョン

年表など、時系列に沿った地域の固有情報(歴史や文化資源)をインタラクティブに提供するシステムです。 利用者が興味を持ったタッチパネルの部分に触れると、その情報の詳細を確認することができます。 利用者は、次々と閲覧していくうちに関心が深まり、内容の理解につながります。

関連する18分野を見る


資料ダウンロードはこちら

文化財アーカイブ_ソリューション_ヒストリービジョン

特長

直感的な操作で誰でも使えるユーザインタフェース

情報が多くなりがちな年表や地図をシンプルにデザインする事で、使いやすい操作を実現します。
対象地域の特徴を捉えた画面デザインと、3人まで同時利用できる分割表示設定が可能です。

多面的なアプローチによる興味を喚起

情報やテーマに対して複数の関連情報を見せる事で、利用者の興味を刺激します。
また、画面にQRコードを設置することで、利用者の端末で地図情報の取得や関連サイトへアクセスさせることができます。

文化財アーカイブ_ヒストリービジョン_①興味のあるカテゴリを選択

文化財アーカイブ_ヒストリービジョン_②詳細ウィンドウが出現

文化財アーカイブ_ヒストリービジョン_③情報を閲覧

文化財アーカイブ_ヒストリービジョン_④興味がわいた部分をさらに深堀

多言語対応

日本語、ひらがな、英語を利用可能とし、子供から大人、訪日外国人利用者まで幅広い方々が利用可能です。
※その他の言語については別途費用がかかります。

表示コンテンツの更新可能

表示コンテンツは運用者にて更新が可能です。 情報を定期的に追加することで常に新しい情報を発信できます。

事例

文化財アーカイブ_ソリューション_AKISHIMAビジョン

2020年6月に開館したアキシマエンシス郷土資料室にて、AKISHIMAビジョンを導入いただいています。昭島市の特徴を捉えたデザインで、利用者に昭島市の歴史と自然を伝えるビジョンとなっています。

関連する18分野を見る