「新規読者獲得」・「売り伸ばし」に貢献

DNP&丸善ジュンク堂書店がプロデュースする売り場活用術

マーケティングから製造、流通、販売に至るまで、全てのサプライチェーンを持つ印刷会社としての強みを活かし、丸善ジュンク堂書店の現場の意見に基づく販促施策を実施。

関連する18分野を見る

出版社様の課題

・売り場を活用した効果的なプロモーションができない
・読者に手に取ってもらえない
・既刊の売り伸ばしを逸している

これらの課題に対し、DNPはグループ書店である丸善ジュンク堂書店と連携し、効果的な売り場活用術を提案致します。

売り場活用術のポイント

・読者の興味喚起を促す施策で、新たな本との出会いを提供
・書店員の声を反映させた販促施策展開

導入事例①

■ブックフェア「講談社タイガ×レジェンドノベルス薬局『よみぐすり』」

2019年夏、ジュンク堂書店
池袋本店で行われた「よみぐすり」フェアが大きな話題になりました。これは、講談社の小説レーベル「講談社タイガ」と「レジェンドノベルス」から選書された作品を、手に取り中身を見るまでは書名がわからないように、薬袋を模した「処方本」袋に入れて書店の店頭に陳列するというもの。この企画は、丸善ジュンク堂書店だけではなく、版元である講談社とDNPがタッグを組んで実現したものでした。

書店の棚を活かし新たな本との出会いを演出する【よみぐすり】とは!?詳しくはこちら

導入事例②

■刊行記念イベント「『鈴木理華画集2 宙と星と英雄たち』(原画展&サイン会)」

↑イベント会場(MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店)

↑複製原画(プリモアート)

『鈴木理華画集2 宙と星と英雄たち』(中央公論新社)の刊行を記念し、鈴木理華さんの原画展及びサイン会を丸善ジュンク堂書店梅田店にて実施。イベント期間中は多数の来場者が書店に訪れ、原画を楽しむファンで会場を賑わせました。また、来場したファンの多くが関連書籍を購入するという効果も。企画展では限定販売として、DNPの高精細出力技術 プリモアートを活用した複製原画5種類も販売。書店という「場」を活用し、原画展とサイン会を組み合わせたファンも楽しめるイベントプロモーション施策を実現しました。
※現在、複製原画の販売は終了しております。

複製原画に活用したDNPの高精細出力技術【プリモアート】とは!?詳しくはこちら

まだまだある売り場活用術(書店メディア)

上記の導入事例以外にも、書店を単なる本の販売拠点としてではなく情報を必要としている生活者が集まる場所 “知のプラットフォーム” としてとらえ出版社様と生活者の新しいコンタクトポイントを提供しています。

売り場活用術例

DNPはグループ書店だけではなく、全国の主要書店(約1,000店舗)との連携を図っております。
プロモーション・販売等様々な形態での連携の仲介を致します。

書店を生活者と企業の新たなコンタクトポイントとする【DNP書店メディア】とは!?詳しくはこちら