【バックオフィスサービス】~手書き帳票を扱う業務に、大切な社内リソースを奪われていませんか?~

AI活用による手書き帳票エントリーBPO

企業の顧客サービス向上のためには、今、保有するアナログ情報資産のデジタル化が必須になります。
現代のビジネスでは、他社との競争はもとより、顧客や社会の高度な要求にも応えなければなりません。
本来価値を持つ情報資産も、入力の手間を理由にアナログのまま利活用されず、大量に残されていませんか?
また、将来的に労働力人口が減少すると、人手によるデジタル化は、ますます困難が予想されます。

※この動画に、音声はありません。

サービス概要

洗練された業務設計、高度なセキュリティ環境で先端技術を活用

DNPでは、AIを活用したOCR技術を導入し、手書き文字の認識精度を大幅に向上。文字データの確認・修正作業も、当社入力オペレーターが正確かつ効率よく遂行します。データを貴社基幹システムに取り込む作業に関し、RPAを用いて効率化することもいたします。高度なセキュリティ環境で業務を行うため、個人情報を含む書類でも安心です。

AIを活用したOCR技術の導入とRPAを用いた作業の効率化イメージ

貴社からお預かりした入力原稿(手書き帳票)を、DNPのセキュアな環境で大切に取り扱い、入力データを納品します。
問い合わせ対応やDM発送などの関連業務も含め、トータルでのサポートが可能です。

運用開始前に、貴社でお使いになられている帳票をお預かりし、帳票の仕様にあわせて必要な初期設定を行います。AIに帳票のどの部分を読み取らせるか設定し、読み取りテストを実施します。運用開始後は、DNPで帳票を受付、AIで読み取る帳票とそうでないものなどに仕分けたのち、AIで読み取る帳票については、スキャンを行い画像データにします。画像データのセキュリティを施すため、画像を分割し、外部で復元できないように処理します。そうした画像データをAIで判読。その結果を元に補正入力を行い、精度を高めます。その後、入力されたデータを統合し、貴社に納品となります。RPAは、貴社とのデータ伝送におけるシステムへのデータの取り込みで活用されています。

導入コストや手間をかけずにAIを活用、業務負荷を大幅に軽減

AIの導入には、コストもノウハウも必要。DNPなら、AIの設定や入力・確認業務はもちろん、問い合わせ対応やDM発送などもワンストップで対応できます。
また、帳票以外の書類でも利用可能。例えば手書きアンケートをデジタル化すれば、マーケティングに活用しやすくなります。

サービスの強み

手書き文字の認識精度向上

高精度画像認識と自然言語処理により、従来技術では読み取りが困難だった手書き文字の認識精度を向上。
読み取り範囲を自由に設定できるため、貴社で現在お使いの帳票にも対応できます。

現在お使いの帳票そのまま利用可能。従来のOCR帳票への変更は不要です。読み取り可能な手書き文字例として、郵便番号では、枠からのはみ出し、点線との重なりと文字欠けなど。手書き氏名では、くずし字、へんとつくりが重なっている、斜めで扁平な文字、くずし字に加えへんとつくりの重なりなど。固定された桁数の数字記入での英数字混在とマスとの重なり、細い文字とマスとの重なりなど。金額の記入では、カンマ・円ありと枠からのはみ出し、¥マーク、カンマありと枠よりはみ出し枠からのはみ出しなどに対応しています。

関連サービス

「DX Suite」(AI inside株式会社)

DNPは2018年1月にAI inside株式会社と資本業務提携
同社の高精度なAI-OCRサービス「DX Suite」に、DNPの業務設計ノウハウとセキュアな環境を組み合わせ、安心・安全な帳票処理ソリューションを提供しています。


【BPOサービス】バックオフィスサービスに戻る