OLEDを斜めから見た時の青みを改善

ブルーシフト改善フィルム

ディスプレイの表面に貼り合わせることで、OLEDを斜めから視認した時に生じる色変化(ブルーシフト)を改善することができるフィルムです。

関連する18分野を見る

関連する記事を見る

背景

近年、スマートフォンやタブレット端末、パソコンやテレビなどにおいて、OLED(有機EL)パネルの採用が拡がっています。OLEDパネルは、コントラストが高く応答速度が速いことが利点ですが、斜めから見ると色が変化し、青みを帯びるという課題がありました。

DNPは、長年培ってきた微細賦型技術を活用することにより、ディスプレイ端末をあらゆる角度から見ても、青みを帯びることがない【ブルーシフト改善フィルム】を開発しました。このフィルムをディスプレイに内蔵することで、OLEDパネルの構造を高度に調整する必要がなくなるため、低コストでパネルを斜めから見た時の青みを改善できます。

特長

■斜め視で生じる色変化(ブルーシフト)を改善
■高度な構造調整は不要
■モアレ、にじみなどの画質低下を抑制
■モバイル、テレビ、車載など、幅広い用途に対応

技術詳細

活用シーン

・スマートフォン、タブレット端末
・パソコンモニター
・有機ELテレビ
・デジタルサイネージ(電子看板)
・車載用途(カーナビゲーション、バックミラー等)

関連ページ

よくある質問

Q:外貼りで使用することは可能でしょうか? A:パネルと偏光板の間に配置するのがベストだと思われますため、後貼りには適しておりません。

まずは、お気軽に御相談下さい。

関連する18分野を見る

関連する記事を見る