オンラインヘルスケアサービス拠点

ICTヘルスケアサポートセンター

要配慮個人情報の管理も行き届いた、オンラインヘルスケアサービスの専用拠点として「ICTヘルスケアサポートセンター」を開設いたしました。

関連する18分野を見る

背景

「オンライン」指導は、場所の制約がなく、実施者、対象者が指導場所に出向く必要がなくなります。さらに対象者は空き時間に指導を受けることができるため、受診率の大幅な向上が期待されます。しかしながら特定保健指導などは対象者の健康診断結果情報などを参照しながら行う必要があり、「要配慮個人情報」を厳格に管理できる高度なセキュリティ環境のもとで安心、安全な運用が求められます。
DNPは長年にわたり金融機関など得意先企業の個人情報を扱ってきた経験をもとに情報セキュリティ対策のノウハウを生かして、オンラインヘルスケアサービスの専用拠点として「ICTヘルスケアサポートセンター」を開設いたしました。

「ICTヘルスケアサポートセンター」のセキュリティ対策

取り扱う情報のセキュリティレベルを分け、作業者の入室制限を段階的に設けております。個人情報を扱うエリアは最も厳しく、ICカード、生体認証などの多要素認証により部外者の侵入を防ぎ、特定の従業員しか入室できません。また、監視カメラによる不正行為の牽制、ポケットのない作業服の着用によるデータなどの持ち出し防止、記憶媒体の書き出し場所の分離、金属探知機を用いた検査、アクセスログの取得・確認、データ記憶媒体に書き出す作業員の少数化などの対策を行っております。

セキュリティレベルによる入室制限

セキュリティレベルによる入室制限

オンライン指導ブース

遠隔指導ブース

多要素認証・金属探知機

多要素認証・金属探知機

全方位カメラ・ドーム型カメラ

全方位カメラ・ドーム型カメラ

  • 特定保健指導の実施者が扱う入力用PCは外部メディアを接続できないように処置を加えております。
  • お客様との対象者データの授受に加え、弊社内ネットワークでのデータ授受においても暗号化しております。
  • 個人情報の取り扱いPCは、デュアルコントロール(必ず特定の複数人での作業)×多要素認証(ICカード+ログインID/PWなど)を行うなど、ハイレベルなセキュリティ管理を行っております。

オンラインヘルスケアサービスを支えるサービス基盤

オンラインヘルスケア関連サービス

オンラインヘルスケアサービスポータルサイト