紙マークが付けられるバリア性の高いパッケージ

DNPスーパーハイバリア紙包材

紙とフィルムの2層構成で、従来の紙製パッケージでは困難な高いバリア性をもっています。従来のフィルムパッケージからの切り替えによりプラスチック使用量を削減し、CO2排出量の削減もできます。

TOKYO PACK 2021 出展製品


 紙マークが付けられるバリア性の高いパッケージ

DNPスーパーハイバリア紙包材


紙とフィルムの2層構成で、従来の紙製パッケージでは困難な高いバリア性をもっています。従来のフィルムパッケージからの切り替えによりプラスチック使用量を削減し、CO2排出量の削減もできます。




主な特徴


  • 紙とシーラントからなる2層構成で、紙マークを付与できるパッケージです。
  • アルミ蒸着PETフィルム同等レベルの高いバリア性があり、一次包材にも使用できます。
  • フィルムパッケージからの切り替えによりCO2排出量の削減、再商品化委託料の削減ができます。
  • 環境に配慮した水性インキ、バイオマスインキの使用もできます。
  • 内容物の保存性はアルミ蒸着PETフィルムを使用したパッケージと同等レベルであり、バリア紙を用いたパッケージと比べて、紙化することによる保存性低下を抑制することができ、フードロス問題を意識した開発をしています。