複数の素材を積層した機能性のあるチューブ容器

DNPラミネートチューブ

複数の素材の積層や、独自のコンバーティング技術により、バリア性や意匠性、環境配慮など様々な機能性を付与できるチューブ容器です。チューブ容器の胴体部分のつなぎ目など全面に印刷が可能なため、意匠性に優れています。複雑化している環境問題にも対応できるよう、環境配慮の特長が異なるラインアップがあります。

DNPでは1970年に国内ではじめて歯磨き用ラミネートチューブとして製品化し、食品、トイレタリー用品、化粧品、工業製品などさまざまな分野で活用されています。その幅広い知見と多数の実績をもとに、仕様設計・チューブ原反の開発からチューブ製造までトータルサポートができます。
ご依頼、ご相談やご質問については、「この製品・サービスのお問合わせ」からお気軽にお問合わせください。

TOKYO PACK 2021 出展製品


 紙におきかえてプラスチックを削減したラミネートチューブ

DNPラミネートチューブ 紙仕様


ラミネートチューブ胴部の一部に紙を使用することで、従来品と比較して使い勝手や絞り出しやすさを維持したまま、プラスチックの削減ができます。また紙の風合いやクラフト紙の自然な色合いを生かすことで、見た目での差別化もできます。


紙の風合いやクラフト紙の自然な色合いを生かしたラミチューブ


主な特徴


  • 内容物は、トイレタリー製品や化粧品などを対象としています。胴径は、40mmφオーバルとなります。
    ※他の口径も展開を予定しています。
  • プラスチックの削減量は、同じかたさ、バリア性がある現行のラミネートチューブと比べて、約35%削減できます。
  • 口部・肩部やキャップにバイオマスプラスチックを組み合わせて使用することで、製品全体の植物由来原料の割合を高め、CO₂の削減もできます。
  • 口部・肩部と胴部を合わせたバイオマス度は約75%にすることができます(キャップ除く)。
    ※上記数値は、チューブサイズ・仕様によって異なります。
    40mmφオーバル、胴部高さ120mm、キャップを除く口部・肩部と胴部で概算


 リサイクルしやすく意匠性もある、単一素材からできたラミネートチューブ

DNPラミネートチューブ モノマテリアル仕様


単一素材でありながら、高いメタリック感とバリア性があるラミネートチューブです。環境に配慮しながらも従来のラミネートチューブと同等の物性があります。


単一素材でありながら、高いメタリック感とバリア性があるラミネートチューブ


主な特徴


  • 独自のコンバーティング技術により、ポリエチレン(PE)で単一素材のラミネートチューブを実現しました。90%以上単⼀素材のPE(※キャップを除く)であるため、廃棄時のリサイクル適性に優れています。
  • 単一素材でありながら高級感のあるメタリック調の意匠を実現しています。
  • 従来のラミネートチューブと同等の物性があり、トイレタリー・化粧品などで使用できます。

DNPラミネートチューブ



 抗ウイルス性能を付与したラミネートチューブ

DNP抗菌・抗ウイルス包材 抗菌・抗ウイルスラミネートチューブ


抗ウイルス性能を付与した材料をラミネートチューブ表面に独自のコンバーティング技術で加工することにより、抗ウイルス性を備えたラミネートチューブです。


抗ウイルス性を備えたラミネートチューブ


主な特徴


  • ラミネートチューブ表面に抗ウイルス性能を付与しているため、製品の衛生性を保つことができます。
  • 独自のコンバーティング技術により、従来の美しい印刷外観や機能を損なうことなく、抗ウイルス性能の付与を実現しています。
  • 抗ウイルス剤は、印刷インキ工業連合会のNL規制対象物質を含まず、衛生性が認められた材料です。

目次

「DNPラミネートチューブ」とは?

複数の素材を積層した機能性のあるチューブ容器

ラミネートチューブは独自のコンバーティング技術を用いてフィルムなどの素材を複数積層することにより、バリア性や意匠性、環境配慮など様々な機能を付与することできます。フィルムの内側に印刷しているため、チューブ容器の胴部のつなぎ目やエンドシール部にも全面に印刷が可能で、意匠性に優れています。瓶や缶と比べると押し出せるため使いやすく、また、倒立するため、保管しやすい容器です。
このような機能性と利便性の良さから、歯磨き製品、食品、トイレタリー用品、化粧品、工業製品など様々な分野で活用されています。その幅広い知見と多数の実績をもとに、仕様設計・チューブ原反の開発からチューブ製造までトータルでサポートできます。

提供価値

地球をまもるGREEN PACKAGING

  • 植物由来プラスチックとの組み合わせが可能
  • 押出チューブに比べ*、石油由来プラスチックの使用量を削減可能
    *当社押出チューブ実績比

人にやさしいLIFE PACKAGING

  • 倒立するため、保管しやすい
  • 瓶や缶と比較して、使いやすい
  • 携帯しやすい(特にオーバルタイプ)

技でつなげるFINE PACKAGING

  • 再現性の高い印刷表現が可能
  • 内容物に合わせてバリア層を選択可能
  • 金属探知機への対応が可能
  • 原反開発からチューブ製造まで一貫サポートが可能

主な特性・機能

1.意匠性

様々な商品のブランドイメージを表現。 
チューブ容器の胴部のつなぎ目やエンドシール部にも全面に印刷が可能なため、意匠性に優れています。グラビア印刷により微細な濃淡を表現できるため、再現性の高い印刷ができます。
また、アルミ蒸着フィルムを用いることで、トイレタリー分野でニーズの高いメタリック感を胴部全面に施すことができ、店頭でのアイキャッチ効果を高めます。

2.バリア性

内容物にあわせた、品質保持の最適化。
バリア層を設けることにより、酸素や水蒸気、光など外部の劣化要因から内容物を保護します。バリア層の材質は「アルミ箔」「アルミ蒸着」「透明蒸着」の3種類から選択できます。高いバリア性能と透明性を兼ね備えた「DNP透明蒸着フィルム IB-FILM」を使用することで、長期保存性と中身を見せたい用途に適応できます。
内容物や流通等のさまざまな条件にあわせて、適切なバリア性を付与し、パッケージを最適化します。

3.使用性

使用シーンに合わせた使いやすさを提供。
チューブ容器は瓶や缶と比べて柔らかく、押し出せるため、適量を出すことができます。また、倒立するため、保管しやすい容器です。キャップでリクローズできるため、持ち運びにも便利です。ヒンジキャップにすることで、片手で開閉することができ、使用性が向上します。
非食品用途のラミネートチューブでは、最後まで使い切りやすいように、口内径を広くした広口タイプもあります。肩部に残った内容物を、指を入れてかき出すことができます。

4.一貫製造

仕様設計からチューブ製造までトータルサポート。
食品、非食品など幅広い内容物での知見と実績をもとに、仕様設計・原反製造からキャップ・チューブ製造までトータルでサポートできます。機能性フィルムの開発から様々な目的に応じたチューブ原反を製造できます。充填機や委託充填先についても、内容物に応じてご紹介いたします。

工程イメージ

DNPラミネートチューブの環境配慮

DNPラミネートチューブ

海洋プラスチックごみ汚染や地球温暖化などの環境問題を最小化していくために、石油由来プラスチックの使用量を削減していく取り組みが重要です。
DNPラミネートチューブは押出チューブに比べて胴部の厚みが薄いため、石油由来プラスチックの使用量を削減できます。さらに、特長の異なる3つのラインアップをそろえることで、環境負荷の低減を目指します。

環境配慮を表す図

バイオマテック仕様

バイオマテック仕様イメージ

再生可能な植物由来プラスチックを用いることで、石油由来プラスチックの使用量とCO2排出量の削減に貢献できます。胴部、肩部、キャップに使用することができます。
*削減量は、チューブサイズや仕様など算定条件により異なります。

モノマテリアル仕様

モノマテリアル仕様イメージ

従来、複数の素材を貼り合わせていたラミネートチューブを、ポリエチレンの単一素材(胴部と肩部合わせて90%以上)にすることでリサイクルしやすくし、資源の循環を促します。

紙仕様(開発中)

紙仕様イメージ

原料の一部を再生可能資源である紙におきかえて、石油由来プラスチックの使用量を削減できます。

モノマテリアル仕様や紙仕様は、植物由来プラスチックと組み合わせることができます。

主な活用分野・用途

トイレタリー
・歯磨き、洗顔料、トリートメントなど
化粧品
・日焼け止め、ハンドクリームなど
食品
・練乳、調味料、スプレッドなど
工業製品

詳細な仕様

容量・サイズ

食品用途

DNPラミネートチューブ

食品向けラインアップ

・食品用途のラミネートチューブは、チューブ容器本体に口部の封緘シール、キャップ、シュリンクをつけた状態で納品します(シュリンク有無は選択可能)。
・内容物の粘度に合わせて、注出口形状やサイズを選択できます。
・注出口形状は丸型のほかに*型やスリット型もご用意があります。詳細はお問合せください。
・食品用チューブ製造ラインはFSSC22000を取得しています。

非食品用途

DNPラミネートチューブ

ビューティ・トイレタリー向けラインアップ

・オーバルタイプ
 同径の真円タイプと比べ、厚みが薄いため携帯しやすく、正面の絵柄を広く見せることができます。
・広口タイプ
 胴径45mmφ、50mmφのラミネートチューブは口内径を広口(23mmφ)にしており、キャップを外して内容物をかき出すことができ、最後まで使い切りやすい工夫をしています。
・上記以外のサイズはお問合せください。

キャップを外して内容物をかき出すイメージ

層構成・素材

代表的な胴部の層構成
 PE/PET/インキ/アルミ/PE
 PE/PET/インキ/アルミ蒸着PET/PE
 PE/透明蒸着PET/インキ/PE
 ※層構成は一例です。

口部・肩部樹脂
 HDPE

キャップ
 
PP

・バリア層の材質は、内容物に応じて「アルミ箔」「アルミ蒸着」「透明蒸着」の3種類から選択できます。
・植物由来プラスチックへのおきかえとバイオマスマークの表記ができます。
・金属探知機へ対応するため、口部の封緘シール(食品用)はアルミレスタイプもえらべます。(特許登録済み)。
・充填機や委託充填先についても、内容物に応じてご紹介いたします。

ニュースリリース

2021年01月28日 抗菌・抗ウイルス性能を持つラミネートチューブを開発
2020年02月27日 紙を使用したラミネートチューブを開発
2019年09月12日 リサイクル適性に優れるモノマテリアルで高級感のあるメタリック調のラミネートチューブを販売開始
2019年09月02日 植物由来原料を50%使用したラミネートチューブを開発

分野を問わない幅広い知見と実績で、包装資材から充填までをトータルでサポートします。
ご依頼、ご相談やご質問については、「この製品・サービスのお問合わせ」からお気軽にお問合わせください。