今あるデスクに貼るだけの簡単施工で高機能化できる

DNP抗菌・抗ウイルスマテリアル「Pure Effects TM」デスクトップシート

新型コロナウイルスの影響により、人々が暮らす空間に対する衛生・安全・安心のニーズが世界的に高まっています。 これからの「暮らしスタンダード」としてDNPが取り組んでいる、健康へ配慮した製品群、DNP抗菌・抗ウイルスマテリアル「Pure Effects TM」シリーズより、耐久性のあるデスクトップシートを紹介します。
※「Pure Effects TM」は、抗菌もしくは抗ウイルス性能表示について、第三者機関で認定された一連の商品です。

デスクトップシート施工例

関連する18分野を見る

関連する記事を見る

デスクトップシート3つの特徴「耐久性」「抗菌・抗ウイルス性能」「特殊粘着シート」

  • *1 EB(電子線:Electron Beam)の照射によりさまざまな機能を持たせる、DNP独自のEBコーティング技術を活かしています。
  • *2 SIAA(抗菌製品技術評議会)は、適正で安心できる抗菌・抗ウイルス・防カビ用の加工製品や薬剤の普及を目的として、関連するメーカーや試験機関等によって結成された団体です。
  • *3 シート貼り付け時の貼り直しが可能です。何度も繰り返しての貼り直しを保証するものではございません。また、貼り付け先の素材によっては、貼り直し時に素材の表面を傷つける恐れがあります。

おしらせ

2021年2月24日(水)~26日(金)に東京ビッグサイトで開催されるTOKYO PACK 2021 - 東京国際包装展
に、デスクトップシートを展示します。

ラインナップ

サイズバリエーション

マットタイプ縦420mm横680㎜1箱100枚入りとロールタイプ幅920㎜1巻20mの2タイプ

デザインバリエーション

ライト木目、ミディアム木目、レザー長の、3種類のデザイン

施工イメージ 弊社施工試験

施工前→施工後

抗ウイルス性能

1 24時間後のウイルス数の変化

エンベロープウイルス、ノンエンベロープウイルスのいずれも、24時間で99%以上減少

2 耐久試験後の抗ウイルス性能

スチールウール300往復、靴下摺動性試験22000往復など、生活時を想定した耐久試験後でも、抗ウイルス性能を発揮

3 経時でのウイルス数の変化

6時間で、90%以上減少

製品仕様

製品構成 オレフィン系化粧シート/粘着層/離型紙
寸法 縦:420±5mm 横:680±5mm/四方の角部は、R加工

SIAA抗菌マークJP0122397X0006L有機合成抗菌剤・印刷 トップコート層印刷面、SIAA抗ウイルスマークJP0612397X0001K有機合成抗ウイルス加工剤・印刷 トップコート層印刷面

抗菌・抗ウイルス加工に関して下記注意事項をご確認ください。

  • SIAAマーク(抗菌)はISO22196法により、SIAAマーク(抗ウイルス)はISO21702法により、各々評価された結果に基づき、抗菌製品技術評議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。
  • 本製品はSIAA (抗菌製品技術評議会)の安全性基準に適合しています。
  • 本製品は感染予防を保証するものではありません。
  • 本製品の抗菌・抗ウイルス加工は、病気の治療や予防を目的とするものではありません。
  • 本製品は医薬品や医療機器などの医療を目的とした製品ではありません。
  • 本製品の抗ウイルス加工は、製品上の特定ウイルスの数を減少させます。
  • 本製品の抗菌・抗ウイルス性能は、全ての菌・ウイルスに対して発現するものではありません。
  • 本製品の表面のツヤが変化するほどの摩耗行為(擦る・削る)はしないでください。抗菌・抗ウイルス性能が低下する可能性があります。
  • 表面に汚れなどが付着した状態では、効果を発揮することが出来ません。適切なお手入れをおこなってください。

内容は2021年1月現在のものです。お断りなしに変更することがございます。

関連する18分野を見る

関連する記事を見る