油を使わず錆から守り、中身も見える

DNP防錆性フィルム

DNPのハイバリアフィルム技術で酸素・水蒸気の透過を防ぎ、長期間保管や長距離輸送において製品を錆から守ります。

部品の長期保管や海外輸送への活用

社会情勢として環境への配慮が問われる中、防錆油を使用したくない、刺激臭のない安全なフィルムを使用したい、部品を長期で保管したいなどの課題に対して、DNPのハイバリアフィルム技術で、酸素・水蒸気の透過を防ぐパッケージ提案により長期保管、長距離輸送において製品を錆から守ります。
また、刺激臭もないため、安全でかつ透明度の高いフィルムで梱包することで視認性も向上し開封によるロス低減につながります。

かぶせ包装

かぶせ包装

含気密封包装

含気密封包装

折込かぶせ包装

折込かぶせ包装

特徴

防錆性フィルムは、2つの仕様があります。

DNP防錆仕様1:バリア仕様

密閉梱包で長期保管で防錆効果実績がある仕様になります。気化性タイプではないため無臭で溶出もなく洗浄工程が不要となります。

DNP防錆仕様2:バリア+気化性防錆フィルム

バリアフィルムと気化性防錆フィルムの貼り合せ仕様になります。気化性防錆フィルムは非アミン系の為環境に配慮したタイプを採用しており、バリアフィルムを外側に配置することで気化性防錆効果をあげています。密閉梱包作業ができない場合は、かぶせ梱包でも防錆効果が確認できています。

防錆フィルム仕様比較表

仕様比較表