社用車の管理や利用のDX化でもっと簡単・便利に

社用車管理サービス

スマートフォンアプリから簡単に社用車の予約や車両鍵の施解錠、日常点検などの記録が行える「社用車管理サービス」により、企業の社用車管理・利用における業務効率化と、飲酒検査義務化に向けたコンプライアンス遵守を支援します。

関連する18分野を見る

関連する記事を見る

社用車の管理でこんなお悩みありませんか?

社用車の管理を手動オペレーション主体で行っている場合、車両管理者と社員の双方で、さまざまな課題をお持ちではないでしょうか。また、2022年4月から道路交通法の改正により白ナンバー車両を保有する事業者に乗車前・乗車後の飲酒検査と1年間の記録の保持が義務付けられ、同年10月からはアルコール検知器の使用が必須となることから、この対応も急務になっています。

社用車管理の課題

社用車管理サービス

スマートフォン1台で、社用車の予約から鍵の施解錠、利用終了までを簡単に行えるシステムを、サブスクリプションモデルでご提供します。既存システムの改修や、車両工事を行うことなく簡単かつスピーディーにサービスを導入できます。

サービスの構成要素

ツールの機能比較

利用者向け 管理者向け
スマートフォン/
アプリ
  • ・車両予約※
    ・日常点検入力
    ・車両ドア施錠/解錠
    ・利用実績確認※





PC/Webブラウザ
  • ・車両予約※
    ・利用実績確認※
    ・利用者アカウント管理





  • ・管理者/利用者アカウント管理
    ・車両管理
    ・利用者管理
    ・代理予約
    ・貸出返却処理
    ・利用実績確認
    ・日常点検運行記録デジタルキー操作記録





※スマートフォンアプリとPC/Webブラウザで機能の差異なし

導入のメリット

利用の流れ

利用者は社用車の予約や車両鍵の施錠・解錠、日常点検の入力まで、社用車の利用から返却手続きのすべてをスマートフォン1台で実施できます。また、車両管理者はWeb画面を通じて利用実態の把握が可能です。

サービス利用の流れ

画面イメージ

""

「安全運転管理アプリケーション mamoru」との組合せ

安全運転管理アプリケーション mamoruは、2022年10月に義務化が求められる検知器を利用したアルコールチェックに加え、スマートフォンでの運転免許証の確認や体温測定を行える製品です。運転前後での確認業務の効率化と、コンプライアンス遵守に向けたガバナンスの徹底に貢献します。

mamoru利用の流れ

関連する18分野を見る

関連する記事を見る