ヒューマン・センタード・マーケティング

DNPパッケージ総合評価サービスヒューマンリサーチ

パッケージ 及び 店頭販促物を「分かりやすく」「買いやすく」「使いやすく」するために、ヒトの 「行動データ」や「プロセスデータ」を活用し、現状把握から課題抽出を行い、改善案をご提案します。

生活者のさまざまな「コト」を科学的に捉え、変化を起こす

アイトラッカーや触動作センサーを用いて、ヒトが織りなすさまざまなコトをプロセスで捉え、どのプロセスに問題があるのか、課題を浮き彫りにします。
そこから生活者のコトをしやすくさせるモノ・サービスづくりに繋げていきます。

ヒューマン・センタード・マーケティングにおける「コトづくりPDCA」

「知るコト」「買うコト」

サービス活用

目につきやすい、手にとってもらいやすいパッケージデザインや商品レイアウト、効果的な販促ツール(広告、店頭チラシ、POP、ポスター)のご提案、 課題解決が可能です。
店頭販促支援や売場構成要素の改善など、売場づくり(VMD)の課題解決が可能です。

「使うコト」

サービス活用

使いやすい(分かりやすい、取り扱いやすい、廃棄しやすい)製品の改善、新たな製品開発のご提案、課題解決が可能です。
DNPではこのシステムを活用して、製品開発コンサルティングサービス及び計測システム販売を行なっています。

「コトの解釈」

ヒトの行動 や 心理状態を深く掘り下げる

自身の視線映像を振り返りながら、モノやサービスに対する一人ひとりの接点データを細かく見ていきます。

ヒトの 情報処理 や 行動特性 をふまえる

脳科学や認知心理学・社会心理学などの知見を駆使し、購買シーンや使用シーンで生じる「コト」の解釈と「コト」を変化させる企て(企画)を行っています。