図書館からオフィスまで、大量の「蔵書」を管理

DNP図書館向けUHF帯システム

図書館からオフィスまで大量の「蔵書」を管理。管理の手間とロスを省き、業務の正確性を高めます。大量の図書や文書を管理する際に発生する手間とロスを省き、利用者により質の高いサービスを提供します。

背景

従来、図書館における蔵書管理は、HF帯のICタグ及び機器にて行われてきましたが、ICタグのコスト削減や業務効率化を目的にUHF帯の採用を望まれるお客様が増えております。それに伴い弊社では、書籍管理用UHF帯ICタグならびに周辺機器をラインナップしました。

 

特長

貸出・返却処理のセルフ化

蔵書点検の業務効率化

 ・図書館スタッフの負荷の軽減を実現します。

未貸出書籍の検知

書籍の閲覧履歴データ取得

 ・選書の最適化をサポートします。

活用シーン

公共図書館・大学図書館のみならず、一般企業様の図書室・資料室の蔵書管理にもご利用いただけます。

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。