人手不足による業務効率化・HACCP対策に向けた情報の適切な管理・運用を支援

DNP温度監視・管理サービス

温度記録・管理業務を自動化することで誤記録や記入忘れなどのヒューマンエラーを減らせるだけでなく、業務効率化による人的リソースの最適配置を実現します。 記録紙の代替となる帳票も出力でき、特に食品の場合はHACCP対策(記録・保管システムの確立)としても有効です。

本サービスが求められる背景と課題

従来、温度計測業務は、人の目で確認し、手作業で紙に記録・保管していましたが、人手不足や業務の繁忙等の理由により、計測ミス・誤記録・記録漏れが発生していました。

また記録表の保管場所の確保や監査時の集計業務など、運用負荷が大きい状況にあります。
特に食品を扱う事業者は食品衛生法改正に伴い、国際的な衛生基準である「HACCP(ハサップ)」への対応が義務化され、適正な食品衛生管理・運用が求められます。

HACCP義務化に備えて、各業界団体よりガイドラインが示されていますが、食品の温度管理も重要な要素となります。また、温度の記録・保管に加えて、適切に運用されているかを継続的にモニタリングすることも重要です。

HACCP義務化への対応以外にも、慢性的な人手不足など(新規雇用が困難、人員が定着しない)、業務の自動化や効率化が求められています。

サービス概要

温度の継続的なモニタリングを必要とする場所にIoT機器を設置します。温度の計測データは、クラウドに蓄積され、管理画面から温度変化の確認や温度データをダウンロードすることができます。
温度やIoT機器等に異常が発生した場合は、緊急発報で管理者へ連絡します。
また、IoTセンサーを外付けして設置するため、冷蔵機器の新たな買い替えは必要ありません。
工事も不要のため、事業活動への影響は小さく済みます。(設置作業などは必要になります。)

DNP温度監視・管理サービスの概要図

サービスの特長

1.PC、スマートフォン、タブレット端末を通じて、管理画面から温度変化をいつでも
  閲覧できます。
2.温度異常やIoT機器に異常が発生した場合のアラート通知の受信手段が豊富です。
3.アラート通知先は、曜日や時間など、状況に応じて振り分けできます。
4.多拠点・複数店舗の状況をクラウド上で一元管理できます。
5.蓄積したデータを帳票化することで、監査時に必要となる業務を効率化できます。
6.管理画面より稼働状況を閲覧できるため、BCP対策にも活用できます。
7.大規模拠点・大量のIoT機器の通信に耐えうる品質テストをクリアしています。

利用想定クライアント様(一例)

・食品スーパー様
・飲食チェーン様
・ホテル・観光業様