訪日中国人向けの現地プロモーションをはじめとしたインバウンド施策を支援

訪日中国人向けメディアコーディネイトサービス

訪日中国人向けの現地プロモーションをはじめとしたインバウンド施策を支援します。

概要

中国からの訪日客は旅行前に買いたいもの、行きたいところ、食べたいものを決めて来日します。旅行前にほとんど勝負が決する訪日中国人向けのインバウンド施策に対して、日常情報に接するところからアプローチします。

「旅前」のコミュニケーション支援(訪日中国人向け)
 

中国現地メディアとの連携により、さまざまなカタチで「旅前」コミュニケーションを演出します。

「旅中」のコミュニケーション支援

旅行代理店やバスツアー会社が配布する「旅のしおり」や「ガイドブック」、観光情報アプリやWebサイトなど訪日中の外国人が接触する広告メディアを豊富にラインアップ。店頭や案内カウンターでの円滑なコミュニケーションを実現する多彩な多言語対応ツールも提供しています。

背景

2020年に向け、日本を訪れる外国人観光客は今後も増加が見込まれています。国土交通省観光庁の調査(*1)によれば、訪日外国人1人当たりの旅行中支出は、全国籍・地域の訪日客平均138,006円に対し、中国からの訪日客は225,681円と最も高くなっています。

DNPが中国で独自に行った調査(*2)によると、中国人は旅行前も旅行中も主にインターネットで情報収集を行っています。日常的にスマートフォンを使って気になる商品をチェックし、「お買い物リスト」をスマートフォンに保存するほか、日本に住んでいる、日本に行ったことがある身近な友人、知人からの口コミ情報への信頼度が高く、旅行前には日本での購入リストがほぼ完成している、といいます。また自らもソーシャルメディアで日本旅行での体験を発信することで、情報拡散、伝播の担い手となっているようです。

こうした中国人観光客の特性を考えると、旅行前にはシンプルでわかりやすい情報浸透施策が、旅行中には手厚く円滑な「おもてなし」が、来店誘導や購買促進につながっていくことがわかります。

*1:「訪日外国人の消費動向 平成27年10月~12月期」(2016年1月)
*2:Web調査(2015年7月 N=200)、グループインタビュー(2015年7月 N=12)

特長

  • 現在注目度の高い訪日中国人には、とくに「旅行前」の認知が重要であり、現地での最適なメディア選定、プロモーションをDNPグループ現地法人の実績・知見をもとにご提案
  • 訪日旅行者の「旅行前」「旅行中」「旅行後」それぞれのタッチポイントにおいて効果的な施策をご用意、一連の旅行導線の中で最適なソリューションをトータルにサポート