企業情報資産の編集力を核に、さまざまな周年事業を支援

DNPの周年事業ソリューション

周年を迎える企業において、次世代を担う人々に企業が歩んできた道のりを感じ、気づいてもらうことの大切さが改めて重視されています。創業から大切にしてきたその企業「らしさ」を、どのように継承し、発展させていくか。DNPでは長年の社史編纂ノウハウをはじめとした企業情報資産の編集力を核に、社内の一体感の醸成と外部へのブランド発信を軸としたさまざまな周年事業を支援します。

関連する18分野を見る

関連する記事を見る

背景 ―周年事業を未来のチカラに―

記念式典やイベント、社史の刊行など、企業の周年事業は社内外のステークホルダーに感謝の意を表明する機会ですが、近年は周年を契機に“未来のありたい姿”を規定したり、ブランドの再構築に取り組み、次代に“たすき”をつなごうとする動きが活発になっています。
先を見通しにくい時代の中で、企業は周年事業を経営にどう活用していくべきか、周年事業から「未来に向けたチカラ」を生み出し、効果的な周年事業を実現させるポイントをご紹介します。

周年事業のトレンド ―祝う周年から語らう周年に―

時代とともに、企業における周年事業のあり方が変化しています。
「これまでの歩みを振り返るイベント」で終わらせず、「これからの経営の在り方を見直すきっかけ」として役割が変化しており、周年を機にブランドの再構築や社内コミュニケーションの活性化・インナーブランディングに取り組む企業が増えています。

周年事業に取り組む3つのメリット

①ブランド資産(培ってきたイメージ)および経営資産(技術力や開発力などの強み)の棚卸ができる
長い歴史の中で培ってきた価値の棚卸をすることで、将来に向けた戦略策定をより正確に実行に移すことができます。
②重要な経営課題に取り組むきっかけになる
周年事業をきっかけにすることで、従来取り組んでこなかった重要な経営課題に取り組む予算を得られやすくなります。また、目標とする期日が定まっているので、スケジュールを区切った計画立案・施策実施が行える環境をつくることができます。
③取り組みが社内外のステークホルダーに注目され、施策効果が発揮されやすい
周年事業として施策を行うことで、社内外の注目を得ることができます。
施策を行うための社員の協力が得られやすく、同時に普段よりもステークホルダーからの注目が集まります。

周年施策の分類と目的

周年を契機として取り組むべき施策は多岐にわたります。
DNP は、お客様とともに事業計画で整理した自社の課題解決に寄与するテーマやターゲットを抽出し、周年事業のゴールである“ありたい未来の姿”を見定め、そこに向かって何をすべきかを考え、より効果的・効率的にそれを実現することを大切にしています。
数多くの周年事業をサポートする中で培ってきた確かなノウハウと知見によって、「未来に向けたチカラ」を生み出し、周年事業を成功に導きます。

<テーマとターゲットの相関>

alt=”周年事業とテーマとターゲット”

上記は周年事業施策の一例です。お客様が抱える課題によりカスタマイズしてご提案いたしますが、コンセプト設計から施策実行まで、DNPは一貫して周年事業施策をサポートいたします。

情報資産を効率的に収集・蓄積するために

これまで培ってきた価値の棚卸の実行にあたり、DNPは、アーカイブ構築の川上から川下まで、ワンストップでご支援する「DNPの企業情報アーカイブソリューション」をご提供しています。
また、年表の整理や資料管理に特化したデータベース「DNPコ-ポレートアーカイブデータベースシステム DualChives」をご提供するとともに、データベースに登録するデータ作成の支援を行っております。

関連する18分野を見る

関連する記事を見る