BT.709規格及びBT.2020規格に対応した透過型カラーチャート

DNP広色域カラーチャート

BT.709規格/BT.2020規格にRed,Green,Blueを対応させ、RGBの中間色であるCyan,Magenta,Yellowを配置した色較正用テストチャート。主に、色を正確に把握する必要があるものを撮影するカメラを調整または品質確認する際に用いる。

特徴

  • Red,Green,BlueをBT.709/BT.2020規格に対応させ、RGBの中間にCyan,Magenta,Yellowを配置しました。
    (CIE1976UCSのu'v'色度図においてBT.709対応面積比:100%、 BT.2020対応面積比:98%)
  • 輝度について、各色規格のYに対してY' 比を「輝度値比」とし、それぞれの輝度値比を揃えた設計となっています。
    また、Y.Whiteは各チャートの輝度値比に近い設計とすることで、Whiteに対する明るさの目安となります。
  • 補間色として、近紫外領域にViolet、近赤外領域にNIRを設定することでBT.709/2020規格外に関しても検証できる仕様としています。

病理画像システム対応タイプ(開発品/発売時期未定)

  • 枠/カバーガラスに座標原点マークの配置することで、チャートのカラーチップ位置座標を正確に示せます。
  • カラーチップは「広色域チャート」と同じ規格にて対応で、マクロ画像/ミクロ画像を同じ色調に合わせることができます。
  • スライド型は顕微鏡倍率「1倍」「2.5倍」「5倍」の各倍率で、6色以上が1視野に入る設計となっています。

u'v'座標での配置図

BT.709規格/BT.2020規格に対応。
(BT.709対応面積比:100%、BT.2020対応面積比:98%)

サイズ規格

  DNPビュアー対応サイズ A4サイズ
(マクロチャート)
スライドガラスサイズ
(ミクロチャート)
外観

外形 320(W)×290(H)×5mmt 297(W)×210(H)×10mmt
(A4サイズ)
幅:25-26mm
長さ:75-76mm
厚さ:0.9-1.2mm
(JIS規格標準サイズ)
有効領域 136(W)×76.5(H) 136(W)×76.5(H) 1xエリア:14.50×9.94
2.5tエリア:5.00×4.38
5tエリア:5.00×2.58
カラーチップ
サイズ
8(W)×8(H) 10.9(W)×76.5(H) 1xエリア:2.34×4.10
2.5tエリア:0.44×1.50
5tエリア:0.44×0.77

*DNPビュアー対応サイズは、 外形/有効領域/カラーパッチサイズ/カラーパッチ数 各々カスタム対応可能です

目的別テストチャート/光源

ビデオカメラ、スチールカメラ、顕微鏡といった機器の鮮明さや色味などを正確に評価できるよう、目的に応じてさまざまなチャートやビューアを用意しています。

解像力チャート

カメラなどの解像力を評価するためのチャート。4K8K対応品もラインナップしています。

4K8K対応

反射型

透過型

スライドガラスタイプ

カラーチャート

撮影画像や対象物の色再現性を評価するための、比較・測定チャートです。広色域(BT.2020/BT.709)対応品もラインナップしています。

4K8K対応

反射型

透過型

スライドガラスタイプ

階調チャート

段階的に変化する濃度の画像を撮影し、機器の階調性能を評価するチャートです。

反射型

透過型

スライドガラスタイプ

光源

広色域カラーチャートとの組合せで、高い色再現性のビュアーをラインナップしています。

3100K

5100K

D65