地球をまもる

DNP環境配慮パッケージング GREEN PACKAGING

環境負荷を低減し、地球環境をまもる製品・サービスが求められています。
私たちは環境配慮に努め、循環型社会を目指します。

ご依頼、ご相談やご質問については、「この製品・サービスのお問合わせ」からお気軽にお問い合わせください。

鈴木光さんご出演のテレビCM「未来が楽しみになってきた‼」シリーズを放映中です。
GREEN PACKAGING 篇(30秒)

目次

社会背景

地球温暖化、海洋プラスチックごみ汚染、資源の枯渇などの環境問題解決に向けてグローバルな取り組みが加速しています。
日本では、3R(リデュース、リユース、リサイクル)+Renewable(持続可能な資源)を基本に環境負荷を低減し、さらに持続可能な社会を実現していくための新たな技術開発とイノベーション、環境インフラなどを広げていくことが重要になっています。

海洋プラスチックごみ汚染の写真

ホッキョクグマの写真

石油掘削装置の写真

「GREEN PACKAGING」とは?

「GREEN PACKAGING」は「資源の循環」「CO₂の削減」「自然環境の保全」という3つの価値を社会に提供するDNPオリジナルのパッケージングです。

3つの提供価値

資源の循環  リサイクル可能なパッケージの開発やリサイクル材をパッケージに活用することで、資源の循環を促進します。 CO2の削減 紙化や薄層化技術によるリデュース、再生可能資源の利用を推進することで、CO2の削減に貢献します。 自然環境の保全 環境への影響が少ない原料を選択し、持続可能な調達を行うことで自然環境の保全を推進します。

包装事業イメージ映像「DNPが取り組む “新たなリサイクルの環”」(2分36秒)

パッケージのライフサイクル

原材料の調達段階では、再生やトレーサビリティが可能(持続可能)な原料を選択します。製造段階では、植物由来プラスチックや紙の活用、軽量化や薄層化の技術や開発により石油由来のプラスチック使用量を削減します。廃棄段階では、リサイクルされた材料を使用することや、リサイクルしやすいパッケージの仕様構成にすることでリサイクルを推進します。また、燃やさざるを得ない包装は植物由来原料を使用することで、焼却により発生するCO₂を相殺(カーボンニュートラル)します。これらの取り組みを通じて、製品やサービスの環境価値を向上させ、そしてすべてのステークホルダーとともにエコシステム(業種・業界の垣根を越えて共存共栄する仕組み)を構築していきます。

パッケージのライフサイクルを表したエコシステムの構築の図です。

上記の図はパッケージのライフサイクルを表しています。

ラインアップ

パッケージの材料であるプラスチックは石油由来の原料からできていますが、その一部をサトウキビ由来の原料に置き替えた包材です。

リデュース リニューアブル

通常複数のプラスチック素材から構成されるフィルムパッケージを、単一素材のプラスチックで構成したリサイクルに適した包材です。

リサイクル

PETボトルから再生されたリサイクルPETなどの再生材を活用した包材です。

リサイクル

酸素/水蒸気バリア性と保香性を有するバリアフィルムを使用した包材です。内容物の長期保存を実現し、生産・流通効率の向上やフードロスの削減にも貢献します。

リデュース

再生可能資源である紙を活用し、プラスチック使用量を削減します。森林認証紙や植物由来プラスチックと組み合わせることでさらなる環境負荷削減を実現します。

リサイクル リニューアブル

機能性にすぐれた素材を使用し、コンバーティング技術により機能を付与することで、物性を維持・向上させ、包材の厚みや重量を低減します。

リデュース

関連記事

DNP INNOVATON PORT
「還す」をデザインする~回収と再生の循環で実現する新しいリサイクルのカタチ~ 活動報告

DiscoverDNP
2020年02月27日病と闘う子どもを笑顔に!「サンタラン」が紡ぐ、次世代育成支援の輪【後編】
2019年07月29日亀田誠治氏が実現した、親子三世代が無料で最高の音楽を楽しめる「日比谷音楽祭」【後編】
2019年01月08日 未来の地球が元気になるために。DNPの環境配慮パッケージング「GREEN PACKAGING」の取り組み

ニュースリリース・トピックス

2021年02月18日 環境に配慮した「DNPロングライフ用液体紙容器」が 日本盛の「晩酌」「晩酌辛口」「糖質ゼロプリン体ゼロ」で採用
2021年02月16日 加熱殺菌処理に対応した酸素と水蒸気に対するバリア性と高いリサイクル性を実現するパッケージを開発
2021年02月15日 パッケージのリサイクルに向けて「Recycling Meets Design Project」をデザイナーとともに推進
2021年02月09日 「DNP環境配慮パッケージング GREEN PACKAGING」が 「東京金融賞2020」の「ESG投資部門(SDGsカテゴリ)」を受賞
2021年02月05日 長期保存も可能な紙製一次包材「DNPスーパーハイバリア紙包材」を開発
2020年12月10日 軟包装用グラビアインキをバイオマスインキに切り替え
2020年11月16日 液体紙容器 環境に配慮した原料の使用を標準仕様に
2020年09月01日 大日本印刷 バリア性とCO?削減を両立させた単一素材(モノマテリアル)のパッケージが ユニリーバ社リプトン「ボタニックティー」と「キープ&チャージ」で採用決定
2020年06月30日 使用済みプラスチックの再資源化事業に取り組む新会社「株式会社アールプラスジャパン」設立
2020年06月04日 2019年度に 植物由来包材で森林239.4ヘクタール分、3,000トンのCO₂を削減
2020年02月27日 紙を使用したラミネートチューブを開発 紙の風合いと保形性を生かしながらプラスチック使用量を削減
2020年02月25日 電子レンジでも簡単に調理できる断熱紙カップを開発
2019年09月12日 リサイクル適性に優れるモノマテリアルで高級感のあるメタリック調のラミネートチューブを販売開始
2019年09月02日 植物由来原料を50%使用したラミネートチューブを開発
2019年08月02日 再封可能なチャック付き紙容器を開発

よくあるお問合わせ

お客さまからよく寄せられるお問合せと、当社からの回答を公開しています。

Q イベント・セミナーで「GREEN PACKAGING」に関する講演をお願いできますか?
A 過去に様々なイベント・セミナーでの講演をさせて頂いております。ぜひ、ご相談ください。

Q DNP植物由来包材 バイオマテックに興味があります。資料を送付してください。
A DNP植物由来包材 バイオマテックについてはこちらをご覧ください。
  
ご依頼、ご相談やご質問については、「この製品・サービスのお問合わせ」からお気軽にお問い合わせください。

包装事業に3つのカテゴリーブランド