窓口業務と本人確認の効率化

ID確認システムPRO

本人確認書類の不正利用対策に!ニセモノを見逃さないために「ID確認システムPRO」が真贋判定を補助します。

●IC情報の読み出しによる有効期限やなりすましの確認と、DNPだから実現した券面真贋判定補助機能で、いつでも、誰でも自信を持った判断ができます。

●運転免許証をはじめ・マイナンバーカード・在留カード・特別永住者証明証・運転経歴証明証・パスポートに対応し、幅広い提示書類ニーズにお応えします。

●犯罪収益移転防止法や携帯電話不正利用防止法など、本人確認が法律で義務付けられているシーンで用いることができる「本人特定事項を備えた顔写真付き本人確認書類」すべてに対応しています。

●厳格な本人確認から本人確認書類の帳票(エビデンス)作成まで、対面本人確認業務をシステムで効率化ができます。 画面の指示に沿って進むだけの簡単さと、分かりやすい画面表示でテンポよく本人確認業務をサポートします。

●システムで取得した券面画像やICチップ情報を活用し、顧客/ユーザー/会員情報登録のシーンでも業務効率化をサポートします。

特徴

厳格な本人確認と業務の効率化をサポートします。

  • 運転免許証をはじめとした5種類のカード型本人確認書類とパスポートに対応
  • 運転免許証は暗証番号(PIN)入力なしでもOK!DNP独自の券面画像真贋判定機能を搭載
  • 一度の本人確認書類のスキャンで、厳格な本人確認から帳票まで作成
  • ICチップ内の情報を活用して、顧客/ユーザー/会員情報登録を効率化
  • メンテナンスはカンタン!さっとガラス面を拭くだけ。消耗パーツなし

活用イメージ(対象となる業界や利用シーン)

「本人確認」が法律上定められている機関、業種

「本人確認」が法律で義務づけられている機関、業種で活用いただくことで、身分を偽って起こす重大事件や信用取引の悪用を未然に・確実に防ぐことができます。

  • 金融機関等
  • ファイナンスリース事業者
  • クレジットカード会社
  • 宅地建物取引業者
  • 宝石、貴金属等取扱事業者
  • 郵便物受取サービス事業者
  • 電話受付代行事業者
  • 電話転送サービス事業者
  • 弁護士・司法書士・行政書士・公認会計士・税理士
  • 地方自治体(市民課/税務課等)
  • 携帯音声通信事業者
  • 携帯電話契約代理事業者
  • レンタル携帯電話事業者

テロ・セキュリティ対策が求められる現場

  • 高セキュアな環境が求められる現場での従業員の雇用時に
    例)セキュリティゲート、大会運営ボランティア、個人情報の取り扱い事業者他
  • 2020に向けたインバウンド需要に向けた宿泊者の管理に
    ⇒テロ・セキュリティ対策の第一歩として、「誰が」いるのかを確実に特定できます。

高額転売を防止するための具体策にお困りの企業様

  • チケットの転売や限定商品の高額転売などの未然防止に
    ⇒「誰が購入したのか」を見える化することで、高額転売を防止できます。
    ⇒多様な本人確認書類に対応しているから、券種を限定することなく運用ができます。

取引の信頼度をUPしたい企業様

  • 婚活サービス(出会いを提供するサービス)の利用者登録時に
    ⇒目視だと見逃してしまいがちな本人確認書類の偽造を、厳格にチェックができるからなりすましを防止できます。
    ⇒ID確認システムPROは、利用者様の安心をサポートします。
  • 忘れ物/落とし物の返却窓口で
    ⇒持ち主へのなりすましをいち早い発見できます。
    ⇒さらに、引き取りに来た人の証跡(エビデンス)が残せるので、住所等の情報を手書きしていただく必要はありません。

主な機能

1.運転免許証をはじめ、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書、パスポート、運転経歴証明書の真贋判定補助に対応

運転免許証は、暗証番号(PIN)※1忘れに対応。DNP独自の技術で、暗証番号入力せずとも偽造運転免許証
を見抜きます。

各種ICチップ付き本人確認書類※2の真贋判定補助機能は、おもて面の貼り替えによる偽造(運転免許証の場合)/ICの改ざん検証(電子署名検証)/有効期限の確認/IC情報の表示を素早く行います。

マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書、パスポートは、ICチップ内の情報と券面の画像を見比べることでニセモノ※3を見抜けます。

※1 運転免許証の偽造・変造等がないかを確実にチェックする「電子署名検証」を実行する際に、本来必要になる4桁×2の暗証番号。
※2 偽造・変造された本人確認書類や、見逃しがちな有効期限切れなど。
※3 各本人確認書類によりシステムでの確認項目は異なります。

ex)運転免許証の場合の判定結果が正常(左)/異常(右)のイメージ

2.本人確認記録帳票(エビデンス)の作成

エビデンスは、保険証や年金手帳のスキャン※4もでき、PDFデータ※5で保存が可能です。

さらに、本人確認書類を一度スキャンすれば、帳票作成まで一貫した業務が可能なので、コピーのために席を立つ必要はありません。

※4 A6サイズまで対応しています。
※5 Windows10に標準搭載のMicrosoft Print to PDFを使用します。

ex)在留カードの場合のイメージ


3.本人確認記録のデータ出力に対応

顧客管理システムなど、ユーザー情報登録シーンにて、本人確認書類のデータ(画像/テキスト)を連携したい場合に、ID確認システムPROで本人確認書類※6の券面やICから取得したデータを連携することができます。

※6 取得できるデータは各本人確認書類により異なります。

ex)運転免許証で暗証番号8桁入力した場合のイメージ

導入事例

  • 司法書士法人/事務所
    ⇒厳格な本人確認の実現により、安心で確実な取引をサポート
    ⇒特に、土地の権利者になりすまし不正な不動産取引を行う「地面師」をはじめとした詐欺、その他不正取引を目的とする人物との契約を未然に防ぐサポートアイテムとして、ご利用いただいております。
  • セキュリティ関連企業様他
    ⇒セキュリティゲート通過の際の本人確認業務をサポート
    ⇒入退場者の本人確認を厳重に行うアイテムとして導入頂いています。
  • 地方自治体の市民課/税務課
    ⇒公的書類の交付の際の厳格な本人確認チェック機器、エビデンス作成機器として導入頂いております。
    ⇒運転免許証をはじめとしたカード型だけでなく、パスポートにも対応しているため、運転免許証やマイナンバーカードなどを持たない住民の方々へのサービス向上にも活用いただいています。
  • 外国人雇用関係企業様他
    ⇒外国人雇用時の在留カードの偽造・変造の発見と、有効期限の確認をサポート
    ⇒近年増加し、近い将来さらなる増加が見込まれる外国人雇用時、不正就労をさせない、見逃さないアイテムとしてご利用いただいています。
    ⇒外国人派遣する場合も、派遣先の企業様からの信頼度UPに活用いただいています。
  • 本人限定受け取り荷物の引き渡し企業
    ⇒厳格な本人確認により、本人に確実にお渡しする業務をサポート
    ⇒クレジットカードやマイナンバーカードといった、本人以外に渡ると悪用の恐れのあるものに関して、より確実に本人にお渡しすることを目的に導入いただいています。

サービス提供形態

機器構成

ソフトウェア ID確認システムPRO専用アプリケーション
ハードウェア IDドキュメントリーダー

※別途PCが必要となります。インターネット接続は必要ありません。

スペックの詳細

システム仕様

名称/型式 ID確認システムPRO/VA-PRO1
対応OS Windows7(32/64bit)、Windows8(32/64bit)、Windows10(32/64bit)
※対応エディションの詳細については、購入前にご確認ください。

専用アプリケーション推奨動作環境(ID-VA1)

メモリ 2GB以上
必要HDD空き容量 1GB以上
.Net Framework 4.5
対応する本人確認書類 運転免許証、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書、パスポート(ICAO準拠)、運転経歴証明書
※対応する本人確認書類は、全てのICカード読み取りを保障するものではありません。パスポートは日本国のみ検証済み、海外のパスポートはICAO準拠であっても、正しく読み取れないことがあります。本人確認書類の瑕疵、使用環境等により、読めない場合があることをご承知おき下さい。

IDドキュメントリーダー(ID-SR1)

インターフェース USB ポート × 2 ※USBポートを2つ使用します。
電源 ICリーダー部(MCO-P100):5V±5%(USBバスパワー駆動)
スキャナー部(fi-65FG):AC100V±10%
消費電力 8W以下
動作環境 温度:5-35℃
湿度:20-80%(結露なきこと)
外形寸法 145W ×57H × 218D mm
※カバーオープン時257H mm
質量 1kg
対応ICカード ISO/IEC 14443 Type A / Type B
ISO/IEC 18092 FeliCa
適合規格 日本国内電波法(誘導式読み書き通信設備)
付属品 USBケーブル、電源ケーブル

TOPICS

メディア掲載

製品の企画・販売元
株式会社DNPアイディーシステム
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
本製品に関するお問合わせは、「お問合わせ」ボタンをクリックし、必要フォームを入力の上ご連絡ください。