地方自治体の窓口支援ツール

裏面プリントシステム(一体型)

裏面プリントシステムは、転入・転居、氏名変更等の記載事項変更時に、マイナンバーカード(個人番号カード)、通知カード(個人番号通知カード)、住基カード(住民基本台帳カード)、在留カード、特別永住者証明書を、従来の「手書きによる裏書き」から、プリンターで早く・キレイに印字できるシステムです
今までの手書きによる裏書きは、書き損じてしまった際に、「二重線と訂正印」による訂正作業が必要で、住民サービスの観点から、見栄えを気にするなど、ご担当者様がプレッシャーを感じていました
本システムを使えばそういった不安は解消されます
また、ご要望の機能等により最適なラインナップの提供が可能です
本サイトでは、ICリーダー/カードスキャナー/カードプリンターの「3機能を1台に集約」したワンストッププリントシステム「裏面プリントシステム(一体型)」をご紹介

特徴

  • 一回の挿入でカードの種別判断から印字までワンストップで行えます
  • どの方向から入れても、対象カードの表・裏の検知ができるので、挿入方向の間違いを気にする必要はありません
  • ICリーダー/カードスキャナー/カードプリンターが1台に集約されているので、省スペースで設置ができます
  • 点字付きマイナンバーカード(個人番号カード)にも対応しています
  • 個人番号通知カードにも対応しています
    ※別途アタッチメントが必要です

裏面プリントシステム(一体型)システムのイメージ

裏面プリントシステム(一体型)で裏書きをプリンターで印字したイメージ

活用イメージ(対象となる業界や利用シーン)

自治体の住民窓口

マイナンバー制度の施行以来、自治体窓口ではマイナンバーカード(個人番号カード)・個人番号通知カードへの記載内容変更業務が増加し、大きな負担となっています
この負担を軽減し、従来の手書きによる変更内容記載に付きまとう不安感を払拭します

  • 変更内容を記入ミスしないか緊張する
  • 手書き文字に自信がない
  • 大きく書く過ぎて、行が無駄になってしまった
  • 公印を押印後、インクがなかなか乾かない

主な機能

ICリーダー/カードスキャナー/カードプリンター
3つの機能をすべて搭載

裏面プリントシステム(一体型)とICリーダー・スキャナー・プリンターが一体になった様子

対応カード

マイナンバーカード(個人番号カード)/個人番号通知カード
住民基本台帳カード/外国人登録証明書
特別永住者証明書/在留カード

導入事例

窓口での本人確認をスピーディーかつ正確に行える「ID確認システムPRO」と「裏面プリントシステム」の導入で本人確認のデジタル化を実現し、サービス向上と業務効率化!
詳細は、導入事例ページで確認できます

製品の企画・販売元
株式会社DNPアイディーシステム
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です
 内容について、予告なく変更することがあります
 本製品に関するお問合わせは、「お問合わせ」ボタンをクリックし、必要フォームを入力の上ご連絡ください