DNPマイナンバーカードオンライン申請補助端末

マイナ・アシスト®

タブレット端末1台で、個人番号カード交付申請書ID(QRコード)の読み取りから、顔写真の撮影、申請内容の確認、オンライン申請までワンストップでサポートします。
さらにオプション品との組み合わせで、マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)や本人確認業務も行えます。
※マイナ・アシストは、全国203自治体で計405台以上をご導入いただいております。(2020年12月現在)

マイナ・アシストのデモンストレーション動画(46秒)

新着情報

MENU

マイナ・アシストとは

マイナンバーカードのオンライン申請に特化したタブレット型申請補助端末です。

①QRコードから申請書のID
 23桁を自動で入力 

QR読み取り

②申請者が自治体ごとの
 利用規約に同意

利用規約同意

③その場で撮り直しOKの
 顔撮影 

顔写真撮影

④申請情報を選択し申請

申請

⑤申請情報の控えを印刷
(別途プリンターが必要です。)

申請情報の印刷

たったの5分でマイナンバーカードのオンライン申請が完了。(当社の想定です。)
簡単に素早く!しかも申請データは端末内に残らないので、セキュリティもOK!
「マイナンバーカードの円滑な取得・更新」のツールに最適!

※「デジタル・ガバメント閣僚会議」(令和元年6月4日開催)において策定された「マイナンバーカードの普及とマイナンバーの利活用の促進に関する方針」より。

特長

◆申請時間が一般向けオンライン申請の1/3(当社の想定)

◆シンプルな操作画面で誰でも申請補助が可能(申請完了まで5ステップのみ)

◆不備通知はJ-LISから直接申請者へ郵送
(自治体職員様はあくまで申請補助であり、最終的に申請ボタンを押下し申請するのは申請者)

◆申請書IDとインターネット回線があればどこでも素早く申請可能

マイナ・アシストのご提案動画(8分22秒)

導入効果

庁舎内での業務を効率化

庁舎内での業務を効率化

顔撮影から申請までワンストップ!だからマイナンバーカード申請補助業務を効率化!
窓口での申請希望者が増加しても安心。

さらに、庁舎外での出張申請もラクラク

さらに、庁舎外での出張申請もラクラク

高齢者の施設訪問、商用施設への出張、その他イベント、法人訪問など、庁舎外でのマイナンバーカードオンライン申請をサポート。

コラム・記事/導入事例

マイナ・アシストは、全国203自治体で計405台以上をご導入いただいております。(2020年12月現在)

活用方法についてのアンケート調査(コラム・記事)

マイナンバーカードを手に取っている人の画像

提供形態・購入にあたって

マイナ・アシストのタブレット画像
マイナ・アシスト専用タブレット

マイナ・アシストの利用可能期間は、ご利用開始日より5年間です。(ご利用開始日は別途ご相談となります)

構成

マイナ・アシスト専用タブレットのスペック詳細

寸法 約W261.6×D175.1×H11.5mm(突起部除く)
重量 約640g(バッテリー含む)
ネットワーク機能 有線LAN:オプションの有線LANアダプターが必要です。
無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n準拠無線LAN+Bluetooth 4.0モジュール内蔵。
インターフェース USB3.0×1
OS Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSB

※スペックの最新情報はお問合わせください。告知なく変更する場合があります。

オプション(別途購入が必要です)

画像は実物と異なる場合があります。また、ACアダプターやUSBケーブルが付属する場合がありますのでご注意ください。

有線LANアダプター

有線LANアダプター

マイナ・アシストのインターネット接続時に有線LANを使用する場合は必要です。

【備考】
・ドライバーのインストール作業は不要です。

※USBポートを使用します。

USBハブ

USBハブ

USBのポートが2個以上必要な場合は必要です。

【備考】
・付属品(ACアダプター、USBケーブル)
・ドライバーのインストールは不要です。

ポート拡張ユニット

ポート拡張ユニット

USB-有線LAN変換コネクターとUSBハブの機能が合体。
インターネット接続を有線LANで行い、USBポートを1つ以上利用される場合は必要となります。


【備考】
・付属品(ACアダプター、USBケーブル)
・ドライバーのインストールは不要です。

タブレット固定用のアーム

手持ち撮影ではなく、撮影ブースのデスクにマイナ・アシスト 用タブレット端末を固定して撮影を行う場合に便利です。

※ケンジントンロックが使用できます。(セキュリティーワイヤーは付属しません。

購入にあたって

マイナ・アシストのご導入までの流れ

①ご購入先の決定
販売店様については、DNPアイディーシステムまでお問合わせください。

②ご利用開始日の決定
ご利用開始希望日の約1.5か月前に、マイナ・アシストの注文書と必要書類を販売店様へお送りください。
※DNPアイディーシステムにてご注文内容および必要書類確認後1ヵ月を納期としているため、余裕を持って運用開始日を設定していただく必要があります。

③必要書類の作成
「マイナ・アシストのご購入までに必要な書類・資料一式」より必要書類のダウンロードを行い書類を作成してください。
作成後、ご注文書(ご契約書)と共に、購入元の販売店様へ送付します。

④インターネット回線のご手配
マイナ・アシストのご利用にはインターネット環境が必要です。
自治体様にて別途ご手配ください。

インターネット回線手配の事例

・自治体様の庁舎内で住民向けに設置してるWi-Fi環境を利用。
・市民課様、住民課様等でお持ちのWi-Fiルーターを利用。
・市民課様、住民課様等でお持ちのスマートフォンのテザリング(インターネット共有)機能を利用。

⑤納品
マイナ・アシストは、原則、運用開始日の5日前の納品となります。
マイナ・アシストを利用するために必要なアカウント情報は、運用開始日の3日前までにImagingBox申請アカウントのメールアドレス宛に通知します。
※運用開始日の5日前の納品について、在庫がない場合には、この限りではありませんので、ご注意ください。

⑥ご利用開始

原則、初期設定は自治体様にて行っていただきます。
なお、別途必要であれば自治体様もセキュリティポリシーに従ってタブレットの設定を行ってください。

マイナ・アシストのセキュリティー概要

自治体様側、マイナ・アシストから自治体様手配のインターネット回線を経由しデータ送信、DNP側で申請データ受取以降、DNPが責任もってデータをお届けします。DNPデータセンター、セキュアな回線、申請受付事業者、証明写真ボックスKi-Re-iでマイナンバーカードオンライン申請の実績があるインフラ。タブレット端末側のアプリケーションで施しているセキュリティー対策。ログイン認証(自治体担当者のみ利用可能)、アプリ起動時に認証されたタブレットのみ申請可能(端末単位で認証)、申請情報は暗号化しデータセンターへ送付。送付完了後にタブレットのメモリーから申請情報を削除(Cドライブ配下に一時ファイルは生成されない)

下記は、自治体様毎に対策が必要です。

  • 盗難対策
  • Windowsセキュリティー(ウイルス対策/ファイアウォール対策等)の基本的な対策(自治体様毎のセキュリティーポリシーに則る)

マイナ・アシストのセキュリティーに関する詳細は、本ページ下部の「提案書ダウンロード」からダウンロード可能です。

注意事項

  • マイナ・アシストを使用するには、お客様側でインターネット回線の準備が必要です。
  • マイナ・アシストは、導入から5年間のサービス提供となります。6年目以降は買い替えとなります。
  • マイナ・アシスト導入の際は、タブレット端末および申請の仕組みのインフラ利用がセットのため、保守契約は必須となります。なお、保守対応可能年数は導入後5年間です。
  • マイナ・アシストのソフトウェアおよび、オプションのID確認システムPRO専用アプリケーションのアップデートが必要な際には、DNPが提供するサポートサイト(ImagingBox)からお客様自身でダウンロードして頂く必要があります。
  • マイナ・アシストは、初回・利用中でのインターネット接続中、自動でWindowsアップデートが実行されます。インターネット回線によっては通信回線の容量に注意が必要となります。 Windowsアップデートに関しては、Microsoft社に依存しますので、実施時期や通信容量につきましてはDNPでは把握できかねますので予めご理解ください。

あると便利なオプション品

マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)に最適なオプション

ICリーダー(NFCリーダー)

ICリーダー(NFCリーダー)

マイナンバー申請と合わせてマイナポイントの予約(マイキーIDの発行)を行う際に便利です。

ID確認システムPRO

ID確認システムPRO

出張申請の際の本人確認、申請時来庁方式の本人確認を機械で効率化できます。
さらに、ICリーダーがついているためマイナポイントの予約(マイキーIDの発行)にもお使いいただけます。

「マイナ・アシスト」とDNPアイディーシステム指定の「ICリーダー(NFCリーダー)」または「ID確認システムPRO」を組み合わせることで、マイナンバーカードの申請支援から、マイナンバーカード取得後のマイナポイントの予約(マイキーIDの発行)まで1つのタブレット(PC)で実現できます。

  • マイナ・アシストとオプションの「ICリーダー(NFCリーダー)」(以下、ICリーダー)を同時購入していただく場合に限り、ICリーダーの動作に必要なドライバー(ソフトウェア)を出荷時にインストールし、発送します。
    ドライバーのインストールは、ICリーダーの購入台数分までとなります。詳細は、下記の例をご確認ください。
     例)ICリーダー1台、マイナ・アシスト2台を同時購入の場合には、マイナ・アシスト1台にICリーダーのドライバーをインストールします。
    また、ICリーダーを後から購入した場合は、ImagingBoxから、ドライバー(ソフトウェア)をインストールしていただきます。
  • マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)に必要なツール(ソフトウェア)は、お客様にて「マイナポイントの予約(マイキープラットフォーム)」※から最新版をダウンロードしていただく必要があります。
    その他、マイキーID設定の設定に関する手順は、同専用ページをご確認ください。

申請受付・交付時の本人確認に最適な便利なオプション

ID確認システムPROで、申請時来庁方式でのマイナンバーカード申請受付時の本人確認業務をサポート。
(本人確認書類の真贋判定支援と本人確認帳票を作成。)

ID確認システムPROで在留カード、マイナンバーカード、運転免許証、パスポートの真贋判定をする様子

ID確認システムPRO

①本人確認書類をシステムで簡単チェック!

提示される本人確認書類の真贋判定をサポートします。

IC情報の読み出しによる有効期限やなりすましの確認と、DNPだから実現した券面真贋判定補助機能で、いつでも、誰でも自信を持った判断ができます。
運転免許証をはじめ・マイナンバーカード・在留カード・特別永住者証明証・運転経歴証明証・パスポートに対応し、幅広い提示書類ニーズにお応えします。

②コピーは不要!本人確認書類の記録を簡単に作成

厳格な本人確認から本人確認書類の帳票(エビデンス)作成まで、対面本人確認業務をシステムで効率化ができます。
画面の指示に沿って進むだけの簡単さと、分かりやすい画面表示でテンポよく本人確認業務をサポートします。


本人確認書類は、Windows 10のPDF保存機能によりデータ保存が可能です。

保守サポート

マイナ・アシストのソフトウェアおよび、オプションのID確認システムPRO専用アプリケーションのアップデートを行う際には、DNPが提供するサポートサイト(ImagingBOX)からお客様自身でダウンロードしていただく必要があります。
アップデートパッチの提供後は、必ず最新版へのバージョンアップをお願いいたします。
詳細、電話サポート窓口については、下記の「IDソリューション製品サポートはこちら」をご確認ください。
※ImagingBOXは、DNPアイディーシステムの製品をご購入後、保守サポート契約を締結した場合にアクセスするためのユーザーIDとパスワードが付与されますのでご承知おきください。
※ImagingBOXへのアクセスおよびアップデータ(アップデートパッチ)のダウンロードには通信をともないます。

マイナ・アシストサーバーメンテナンス情報

スポット・定期メンテナンス情報

スポットメンテナンスは、スポットメンテナンス実施(サーバー停止)の際は、原則、約1ヶ月前※に製品ページ(本ページ)にて通知いたします。
定期メンテナンスは、毎月第二金曜日20:30~翌日曜日18:00の時間帯で、マイナ・アシストのサービスが停止する可能性がありますので、ご承知おきください。毎月実施するわけではありません。定期メンテナンス実施(サーバー停止)の際は、原則、約1ヶ月前にWEBページおよびメール等により通知いたします。

※緊急の場合には、この限りではありませんのでご承知おきください。
※サーバー停止中は、マイナンバーカード申請ができなくなります。

動作確認情報

セキュリティ対策ソフト

弊社で動作確認を行ったセキュリティー対策ソフトの一覧です。
なお、セキュリティソフトのインストールにあたっては提供元の利用規約に準じてください。
※( )内の数値はバージョン情報。

・トレンドマイクロ ウィルスバスタークラウド(16.0.1277)
・シマンテック ノートン360デラックス(22.20.2.57)
・Chatwork ESET Internet Security (13.1.21.0)
・AVG インターネットセキュリティービジネスエディション(20.3.3120)
・マイクロソフト Windows Defender(4.18.2004.6)

よくあるご質問

Q①発注~納品までどれくらいかかりますか?
A①1.5か月程度になります。

Q②マイナ・アシスト以外に自治体で用意するものはありますか?
A②インターネット回線のご用意が必要です。なお、有線での接続をお考えの場合は、別途オプション品が必要となります。

Q③マイナ・アシストで申請した際に不備になった場合はどうなりますか?
A③J-Lisから直接、申請者のもとに不備通知が郵送されます。

Q④申請書IDがわからない場合はどうしたらいいですか?
A④他のオンライン申請と同様に、申請できません。申請書を持参いただくか、申請書IDを再出力してください。

Q⑤6年目以降はどうなりますか?
A⑤6年目以降は買い替えていただく必要があります。なお、利用期間を過ぎると申請ができなくなります。

デモンストレーションなど

オンラインデモシステム(Microsoft Teams、Zoom)を整備しておりますので、テレワーク(リモートワーク)環境下のデモンストレーションが可能です。

製品に関する不明点のお問合わせやデモンストレーションのご依頼など、お気軽にご連絡ください。

オンラインデモ開催予定

インターネットに接続できるパソコンやスマートフォンがあれば簡単に参加可能です。
ご参加希望の方は、「マイナ・アシストのお問合わせ」ボタンからお申し込みください。
オンラインデモのご案内URLを送付いたします。

■実施日
 2020年12月16日、23日  2021年1月13日、20日、27日

■開始時間
 16:00 ~ 17:00(全日程共通)

■お申し込み方法
1.「マイナ・アシストのお問合わせ」ボタンを押下してください。
2.「個人情報の取り扱いについて」画面にて、下部の「同意する」にチェックを入れ、「入力画面に進む」ボタンを押下してください。
3.「お問合わせ内容入力フォーム」画面にて、の必須項目をすべて入力し、「確認画面に進む」ボタンを押下してください。
※「お問合わせ対象」は「その他」を選択し、「お問合わせ内容」に「オンラインデモ:●●月●●日希望」(日付は上記実施日)とご入力ください。
上記実施日時以外をご希望される場合は、「お問合わせ内容」に「オンラインデモ実施日外:●●月●●日●●時~●●時を希望」とご入力ください。
4.「お問合わせ内容の確認」画面にて、入力内容を確認し、右下の「この内容で送信」ボタンを押下してください。

TOPICS

メディア掲載

2020年12年7日 時事ドットコムニュースの自治体便りに掲載されました。
「【マイナンバーカード申請支援業務ご担当者様向け】マイナ・アシストの活用方法を大調査!株式会社DNPアイディーシステムが「マイナ・アシスト通信 Vol.1」を発刊しました=株式会社DNPアイディーシステム」

2019年11月 11日 時事ドットコムニュースの自治体便りに掲載されました。
「東京都中野区様」マイナンバーカード取得促進イベントの効率的な運営にあたり、マイナ・アシスト等オンライン方式による申請補助ツールが有効であるかの実証実験を実施=株式会社DNPアイディーシステム

2019年11月 1日 地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が発行する月刊J-LIS11月号(月刊誌)に掲載されました。
「電子自治体Note オンライン申請方式でのマイナンバーカードの申請受付支援にかかる時間を短縮し、住民サービスの向上および業務効率化できるかの実証実験をスタート!」

2019年 6月28日 株式会社ホープ社が運営する自治体クリップに掲載されました。
「たったの5分!タブレット端末1台でマイナンバーカードを申請」

ニュースリリース

2019年 1月24日 DNPのニュースリリースに掲載されました。
「自治体窓口でのマイナンバーカードのオンライン交付申請が容易に」 マイナンバーカードオンライン申請補助端末「マイナ・アシスト」を発表

その他

2020年8月 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を活用し、地域で取り組むことが期待される『地域未来構想20オープンラボ』の1.[3密対策](対象地域:全国) 及び 4.[行政IT化](対象地域:全国)の専門家として、内閣府のHPに掲載されました。

製品の企画・販売元

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
内容について、予告なく変更することがあります。
本製品に関するお問合わせは、「マイナ・アシストのお問合わせ」ボタンをクリックし、必要フォームを入力の上ご連絡ください。
※本製品について、電話でのお問合わせをご希望する場合には、フリーダイヤル0120-033-343または、03-3350-4612までご連絡ください。

資料ダウンロード