環境に優しくデザイン性に優れた外装加飾フィルム

外装加飾

外装用途向けに耐候性、耐傷性などの信頼性を確保するとともに、金属調、カーボン調など多様な意匠提供ができます。金属調意匠ではメッキでは実現できない高い電波透過性を実現しました。

こんなお悩みありませんか?


  ・環境負荷の低減を目的にメッキ加工、塗装加工を減らしたい
  ・デザイン性の向上が可能な外装用の加飾フィルムが欲しい

外装用途向けに耐候性、耐傷付き性などの
信頼性を確保するとともに金属調、
カーボン調など多様な意匠提供が可能。

      ◆ 今後想定される様々な成形加工(工法)に対応できるフィルム設計技術
      ◆ デザイン開発力

主な用途

  • モビリティ(自動車など)の外装ボディ塗装のフィルム化による環境負荷低減や工程削減
  • モビリティ(自動車など)のエクステリアパーツのめっき代替による電波透過性の付与
  • 屋外で使用するプラスチック成形品への加飾による意匠性アップ
  • 屋外で使用するプラスチック成形品の耐候性や耐傷性などの機能性アップ

完成イメージ

バンパーカバー(カーボン調)

バンパーカバー(メッキ調)

ドアハンドル(メッキ調)

電波透過性比較

          上表は、ミリ波レーダーで使用される周波数での当社実験結果です。
          当社金属調加飾フィルムは、メッキと比較して高い電波透過率を実現します。

関連ページ

フィルムの表面加工は、機能付与だけでなく、色彩や意匠を施す効果があります。また、製品の部品点数の削減、製造工程の簡略化といったメリットも生まれます。

エレクトロニクス、モビリティ、エネルギー、包装、ライフサイエンスなど、さまざまな分野に新しい価値を提供しています。