店舗での業務効率化を実現する

プライスカードチェッカー

電子透かし(Digimarc Barcode)とモバイル、ラベルを活用したプライスカード売価チェックシステムです。

電子透かし入りプライスカード付替。専用スマホアプリでプライスカード撮影。その場で表示売価と最新売価を比較照合。

①電子透かしの入ったプライスカードを当該商品の陳列什器の所定の位置に貼り付けます。
②プライスカードを照合する際は専用スマホアプリを起動し、撮影画面が表示されるので、電子透かし入りのプライスカードを撮影します。
③プライスカードを読み込むと瞬時に表示売価とDB上の最新売価を取得します。その2つの売価を比較照合し、正誤を画面と音でお知らせします。

特徴

  • プライスカード・POPに電子透かしで情報を埋め込むことで、これまで目視に頼っていた売価チェック業務をシステム化できます。
  • 電子透かしはJANコードだけでなく、価格情報も埋め込めるため、システムで最新価格と比較し、正誤を表示できます。
  • バーコードと違い、電子透かしはプライスカード・POPの意匠性を保ったまま全面に埋め込むため、プライスカードの文字情報を大きくできます。
  • 読み取り時も全面で読み取れるため、ハンディターミナルで小さなバーコードを読み取る必要がありません。バーコードと比較し30%程度作業を高速化できます。
  • スマホのカメラでプライスカード・POPを読み取るだけのため、教育レスでだれでも作業を行うことができます。
  • 読み取った情報はログとして、すべてサーバーに保存できます。
  • 既存POPシステム・ワークフローを有効活用できます。電子棚札は既存店で導入する際には多額の費用が発生しますが、既存の紙のワークフローを最大限効率化できます。

活用シーン

  • 売価チェック業務が多く、高い業務負荷を改善したい。
  • 本来実施しなければならなかった売価チェック業務に取り組みたい。
  • 売価チェック業務のミスが多く、クレーム対応や損金の発生に対して、根本的に改善したい。
  • 売価チェック業務のミスを削減し、顧客から信頼される流通・小売を目指したい。
  • 売価チェック業務をデジタル化・見える化し、報告書作成などの事務作業を削減したい。

価格

アプリ利用料、データ連携開発費、保守費などが必要となります。別途、Digimarc Barcode入りプライスカード出力可能なPOPシステムの利用料が発生します。ご要件に応じて、お見積りをいたしますので、お問合わせください。

Digimarc Barcodeソリューション

電子透かし技術を用いて、店舗がかかえる課題を解決「Digimarc Barcodeソリューション」