Digimarc Barcodeとデジタル印刷方式の組み合わせで、個品ごとのシリアル印刷を実現

シリアライズド・パッケージ

Digimarc Barcodeの意匠性を活かし、見た目は同じパッケージデザインのまま、シリアル情報の埋込を実現し、 RFIDと同様の、製品の個品管理が可能です。


特長

  • 個品単位での検知が可能となり、マイレージCPやマーケティングデータの収集を実現します。
  • シリアライズドパッケージを各工程で検知・記録することで、個品単位でのトレーサビリティを実現します。

活用シーン

  • 定番品のリピーター向けに、商品マイレージサービスの提供ができます。キャンペーン狙いの一過性(先食い)購買ではなく、生活者とメーカーの断続的な関係構築ができます。
  • 従来キャンペーン用に貼り付けていたシリアルシールの代替として活用できます。
  • 製造コード印刷(インクジェット,ホットスタンプ、サーマルなど)の効率化・費用削減できます。
  • HACCPなどの食品の衛生管理が求められるなか、製造後のトレーサビリティ機能として活用できます。

価格

電子透かしライセンス費および埋込費(取り扱いデータ数に応じて従量)、システム運用費、保守費、導入支援費が必要となります。 ご要件に応じて、お見積りをいたしますので、お問合わせください。

Digimarc Barcodeソリューション

電子透かし技術を用いて、店舗がかかえる課題を解決「Digimarc Barcodeソリューション」