ネット炎上を未然に防ぎ、解決に導く

Webリスクモニタリングサービス

ネット炎上を防ぐには、火種となる投稿を早期発見し、適切に対応することが必要です。本サービスでは24時間365日の監視に加え、4時間に1回以上、120以上のメディアから収集した記事を目視で確認します。炎上する危険性がある投稿が確認された際は、緊急通知から緊急対応のコンサルティングまで実施します。

モニタリングの必要性

昨今、スマートフォンが普及したことにより、SNSなどを通じ、誰でも簡単に情報を発信できるようになりました。これに伴い、ネット炎上の件数も年々増加しています。
炎上すると企業のブランドイメージが低下してしまい、顧客や取引先などからの信用を失墜した結果、売り上げの低下や、株価暴落を招く要因にもなってしまいます。
炎上の火種となる投稿は、従業員がアップするものだけでなく、顧客や第三者の投稿が火種になることもあります。


ネット炎上の火種となる投稿がされてから炎上するまでには、一般的にタイムラグがあります。炎上を防ぐためには、この間に適切な対応を取ることが重要です。

炎上までの過程

サービス内容

Webリスクモニタリングサービスでは、設定したキーワードをもとに、24時間365日、SNSやネット掲示板など、120以上のメディアから記事を収集、投稿を監視します。4時間に1回以上、または書込み件数が急増した際は、投稿を目視で判定・評価。危険度の高い内容であれば緊急通知を行い、緊急対応支援(オプション)も行えます。

Webリスクモニタリングサービスの活用例

Web上での評判を監視し、ブランドイメージの低下防止・改善 (大手食品メーカー)
ユーザーのネガティブな書き込みによる、評判低下を防止 (自動車メーカー)
社員の情報発信や個人炎上からの飛び火を未然に防止 (総合商社)
企業名検索時のネガティブなワードを減らし、採用活動を活性化 (金融機関)
掲載記事の無断転記を検知し、著作権侵害を防止 (出版社)

価格

価格・スケジュールについては、お問い合わせください。

その他

  • 本サービスは、株式会社エルテス( https://eltes.co.jp/ )が提供するサービスです
  • サービスの内容は予告なしに変更することがあります
  • 記載内容は2019年5月現在のものです