IoTの安心・安全を守るセキュリティサービス

IoSTプラットフォーム

 IoSTプラットフォームは、お客様のIoTサービスを安全に提供・維持するために、IoTクラウドで取り扱うデータに対して、データの盗聴、改ざんといった脅威を防ぐことができるセキュリティサービスです。
 データの暗号化・復号、暗号鍵、電子証明書の遠隔自動更新の機能をクラウドのWebAPIでご利用いただけます。また、サービスを利用するにあたり、セキュリティモジュール(SAM:セキュアアプリケーションモジュール)が搭載されたセキュアIoTゲートウェイも用意しています。

IoT普及の裏で注意したいこと

 “モノ”をインターネットにつなぐIoT(Internet of Things)技術は、家電製品やウェアラブル端末など身近な“モノ”だけでなく、生産性を向上させるしくみとして、製造現場の多様なシーンでの利活用が広がっています。
 また、パブリッククラウドや分析ツールの普及、回線技術の進歩もIoTの普及に寄与しています。
IoTが普及する一方で、不十分なセキュリティ対策から、多くのIoTサービスが重大インシデントを引き起こす脆弱性を保持している可能性があります。専用線だからセキュリティ対策は大丈夫、と安心していたサービスに、セキュリティ事故が国内外で実際に報告されています。
 総務省からは、 IoTの関係者がセキュリティ確保上取り組むべき基本的な項目を示すとともに、IoTのセキュリティ確保のための取組について関係者間相互の認識の共有を促すためのガイドラインが提示され、IoTサービスにおけるセキュリティ対策が急務となっています。

IoSTプラットフォームが提供する価値

IoSTプラットフォームは、IoTをトータルでサポートできるセキュリティソリューションです。

IoSTプラットフォームのレイヤごとの提供形態

IoSTプラットフォームのユースケース

  • 決済サービス
    DNPは決済ソリューションとして、決済端末、決済システム、運用・保守サービスまでを総合的にご提供しています。
    このサービスには、IoSTプラットフォームを利用しており、決済端末の死活監視機能、遠隔制御機能、決済データの暗号化および暗号鍵の遠隔更新機能をご利用いただけます。
    これにより、お客様の決済サービスの保守業務の迅速化や負荷軽減に貢献することができます。
  • 機器の遠隔監視・制御サービス
    IoTといえば、遠隔監視、遠隔制御。迅速な故障対応や消耗品の交換だけでなく、故障を予知し、保守業務を効率的に行えるようになり、コスト削減、省力化に繋がります。
    また、遠隔地のIoTデバイスに対して、安全にファームウェアアップデートや起動停止といった制御も可能です。
    一度、IoTデバイスが乗っ取られると、稼働・制御情報が改ざんされ、制御機能が正常に動かなくなる事態を引き起こします。
    IoSTプラットフォームを導入することで、生産性を向上させるために導入したIoTサービスを安心・安全に活用することができます。