「何かあった時にアラームを出し、リアルタイムに確認」できる環境を提供いたします

DNPセキュア監視サービス

DNPは、ICカード製造工場構築・各種認証取得を通じ得た技術・ノウハウと各機器メーカーが提供している機器の特長を鑑み、お客さまに最適なシステムを提供してきました。ご提供してきたシステムには、入退管理を含めた数多くの監視カメラも含まれています。
その監視カメラの映像に対して、印刷事業で扱う文字や画像データのデジタル化で培ってきた、DNP独自の画像処理解析技術を活用することで、把握したい状況が発生した時点で、リアルタイムにご確認いただけるようになりました。
また、一般的なVPNを機能拡張した「DNP Multi-Peer VPN」を採用することにより、通常の監視カメラシステムよりも機能が向上し、さまざまな場所から現場の状況を把握できます。
録画の有無、AI解析の有無、クラウド、エッジの利用など、お客さまのご要望に応じた環境を提供いたします。

概要

録画、AI解析、クラウド、エッジの利用など、お客さまのご要望に応じた環境を提供いたします。

カメラ活用におけるニーズ

現場の状況を遠隔から監視できます。既設カメラの活用も。

映像を活用したソリューションが広がっています

産業社会の高度化とテクノロジーの進展により、“人”が行っている作業の自動化や効率化が進んでおり、カメラ映像データの活用が注目されています。
技術の進歩(カメラ性能の向上、AI技術の進展)により、映像の活用が「防犯や証跡保存」から、「ヒト・モノの状況把握(異常検出)・予測」まで発展し、安全性や労働生産性の向上に用途が広がっています。
リアルタイムで状況が把握できるようになったことにより、問題が生じる前に対策をとることによる生産性向上や、遠隔からの即時判断によるサービスレベルの向上につながっています。
また、小売業向けにマーケティング分野にも活用されはじめています。

でも…このような不安はございませんか?

個人情報の取り扱い、セキュリティ基準がネックに。

その他にも
・本部などから現地の状況を把握したいのに、詳しくわからず困ったことがある。リアルタイムで確認できないことで、対応も後追いになりがちで...
・防災対策や働き方の改革として、危険エリアでの状況把握を、目視による常時監視ではなく、何かおきた際に発報される仕組みに変えたい。
・運用費を抑えるためにインターネット通信で状況を把握したいが、世界中に映像がさらされてしまうか心配で導入に踏み切れていない。
・映像の保存領域が少なく、上書きされて過去の状況を確認できなくなってしまった。
・過去の映像をチェックするため、都度現地に出向くのが負担。
・・・

不安を解消します!DNPのカメラを活用した取組みについて

DNPでは、ICカード製造工場構築・各種認証取得を通じ得た技術・ノウハウを活かしたカメラサービスの提供を行っています。

印刷事業で扱う文字や画像データのデジタル化に伴い培ったDNP独自の画像処理解析技術や、ICカード製造工場構築・各種認証取得を通じ得た技術・ノウハウをフル活用します!

御社の課題をDNPが解決します!

ご相談ください。

御社の安全・安心、業務効率化の課題に取り組みます。

ご活用シーン

主に、工場、物流・倉庫、小売、エネルギー、鉄道、ビル・建設など、様々な場面における課題を解決します。