DNPの印刷技術を極限まで高め、アーティストの色調や筆致を限りなく忠実に再現する複製プリント

DNP高精彩出力技術 プリモアート

複製画を出力することが可能な高精細印刷技術です。高解像度で入力したデジタルデータを、複製画専用のDNPカラーテーブルを使用してデジタル画像処理します。原画に限りなく近い色調やタッチを忠実に再現、繊細な階調表現が可能です。画材紙・キャンパス・和紙・バックライトフィルムなど、多様な用紙に印刷できます。

関連する18分野を見る

プリモアートとは

絵画やイラストなどの原画を限りなくオリジナルに近い色再現にて複製する技術です。

DNPが長年に渡り培ってきた画像修正のノウハウと出力機の持つ発色を最大限に活用して、複製画専用のカラーテーブルを独自に開発。
専門スタッフによる色調管理と市谷デジタルスタジオでの撮影画像処理技術を組み合わせ、原画と比べて遜色ない出来栄えで、ご満足いただける商品を提供いたします。

特徴

10色インキの再現力

通常の印刷では4色のインキ(CMYK)を使用しますが、4色インキではRGBに比べて再現できる色の範囲が狭くなっています。

プリモアートは10色のインキによって再現可能な色域が通常の印刷機よりも広く、その豊かな再現力によって複製画では原画のタッチや修正液の跡なども忠実に再現することができます。
デジタルの原画の場合でも高い精度でRGBの表現に近づける事ができますので、プリモアートを使用することによって、デジタルイラストに存在しない『原画』と呼べる品質のものを出力することもできます。

高精細撮影

原画の複写撮影には、1億画素超の撮影が可能な高精細デジタルカメラ「PHASE ONE」を使用し、作品の色調や筆致、キャンバスや紙の目まで忠実に再現します。

下のテスト撮影サンプルは、デジタルカメラの解像力を測るためのものです。左は一般的にプロが用いる約2,000万画素のデジタルカメラで撮影したもの、右がプリモアートで使用している1億100万画素のPHASE ONEで撮影したものです(当社テスト撮影による)が、その差は明らかです。

解像度のみならず色調についても、PHASE ONEの高い描写能力に加え、DNP独自開発の撮影カラーテーブルを使用することで、原画に対して忠実な再現を実現しています。

プリモアート制作のメリット

世界に1枚しか存在しない原画もプリモアートで複製すれば用途がひろがります。

・1枚から製造可能、完全受注生産体制で在庫を抱える事がなく、低コスト・低リスク

・入稿~製造~梱包~納品までの一貫製造体制(DNP一貫生産ラインでの高セキュリティー)

・オフセット印刷に比べて高い耐久性。

プリモアート採用実績

プリモアートによる精細で精彩な複製表現

たとえばイラストレーター貞本義行氏が描く、アクリルガッシュ風の「エヴァンゲリオン展」
肌や髪、プラグスーツのラテックス感や金属の鈍色などの豊かなタッチを、プリモアートは色域の広い鮮やかな発色で再現します。