資料

株式会社ディノス・セシール様 株式会社ユーキャン様
EMOTIONAL EXPERIENCEを創造するパーソナライズド・コミュニケーション

column

デジタルとリアルの世界を行き来する中で、膨大な情報から“自分にとって必要な情報”を選び取っている現代の生活者。その興味や関心を強く惹きつけるのが、“感動的な体験――――EMOTIONAL EXPERIENCE”です。

デジタルによってマーケティングそのものが大きく変わる中、企業は一人ひとりの生活者に感動的な体験を提供するためにどのようにコミュニケーションしていくべきか。株式会社ディノス・セシール様、株式会社ユーキャン様、そしてDNPの3社の取り組みを取材しました。

  • TOP RUNNER'S INTERVIEW 1 株式会社ディノス・セシール 石川森生氏、佐々木拓也氏
    「デジタルとアナログをシームレスに融合させ 顧客一人ひとりとつながる」
    複数のECベンチャーでの成功を経て、2016年からカタログ通販の老舗ディノス・セシールでEC責任者として活躍する石川氏。
    いわば“ECのプロ”が老舗通販企業で取り組んでいるのがデジタルとアナログが融合したパーソナライズド・コミュニケーションです。
    その具体策とねらいについて、石川氏と、ともにプロジェクトを推進する佐々木氏のおふたりにお話しを伺いました。
  • TOP RUNNER'S INTERVIEW 2 株式会社ユーキャン 富田尚誉氏
    「顧客の“熱”を逃さないコミュニケーション」
    通信講座・生涯学習でおなじみの株式会社ユーキャン。
    同社では昨年12月から、個々のお客さまの受講歴や学習の進捗状況に応じてコンテンツと送付タイミングをパーソナライズしたDMを送付しています。
    この取り組みの中心メンバーとして活躍する富田氏は「予想以上の成果」と話します。
  • POINT of VIEW DNP
    「“本当のファン”は中長期視点で育む」
    インターネットによって生活者の購買行動は大きく変わり、企業のマーケティングにはデジタルが自然に取り入れられています。
    マーケティングの主導権が企業から生活者へ移った現在、あらゆる企業に生活者とどうコミュニケーションしていくかが問われています。

本記事内容は、以下より記事のPDFをダウンロードしていただけます。ぜひご覧ください。

  • 資料ダウンロードお申し込み専用サイトが開きます
  • 資料ダウンロードのお申し込みには、氏名・企業名・メールアドレスなどの入力が必要です