ABC分析

物事の重要度に応じてA、B、C、3つのランク分けを行い、ランクごとに最適な手法を選択するデータ分析手法です。マーケティング分野のほか、在庫管理等でも利用されています。例えば下表のような売上分布の商品があるとき、売上構成70%までの商品群をAグループ、90%までの商品群をBグループ、それ以外をCグループとし、

Aグループ:総売上への貢献の大きな商品、十分な在庫の保管場所を確保し、品切れが起こらないよう注意を払う
Bグループ:定期的、もしくは在庫切れ時に発注を行う
Cグループ:ごく少数の在庫にとどめる

などの方針に従って在庫管理を行います。