ETL(Extract Transform Load)

ETL(Extract Transform Load)とは、さまざまなデータベースに蓄積されたデータから必要な情報を抽出(Extract)し、目的に応じて加工・変換(Transform)し、データウェアハウスに格納(Load)する機能を指します。
このようなETL処理を行うツールは「ETLツール」と呼ばれ、複数のシステムの「システム間データ連携」を効率的に構築するため、主に基幹系システムとデータウェアハウスの連携に多く使われています。