インプレッション課金型広告

広告の表示回数(インプレッション)で課金される広告を指し、1,000回表示あたりのコストを示すCPMが単価の指標になります。広告表示においてクリックされる割合を示すCTRが高いほどクリック単価が安くなるメリットがありますが、CTRが低い場合には、コストパフォーマンスが低くなることもあります。