ビッグデータ

量が多いことに加え、音声や動画など非定型なデータや時系列データも含んでおり、従来の手法では、管理・解析がなされてこなかった巨大なデータ群を指します。データ量(Volume)、データ種類(Variety)、データ発生頻度(Velocity)の3つのVからなります。近年のハードウェアやデータ解析技術の進展により、これらを分析して有用な知見を得、新たなビジネスモデルを構築する動きが注目されています。