行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)

ユーザーのサイト閲覧履歴などをもとに興味・関心を推定し、ユーザーにとって適切と考えられる広告を配信する手法です。表示された広告がクリックされる確率が高く、広告効果が期待できる反面、同じ広告ばかり表示されるといったデメリットもあります。