DNPの機能性フィルムが実現する「未来のあたりまえ」

異種材料を接着する

熱や化学反応により溶融・硬化するフィルムの特性を活かし、2つの素材を接着することができます。
DNPは、リチウムイオン電池用部材のほか、モビリティ製品などでの利用・研究に取り組んでいます。

食品パッケージや住宅内装材など幅広い分野で活用される<高分子材料>技術

高分子材料とは、金属やセラミックと並ぶ工業製品の3大材料のひとつで、プラスチックやゴムなど分子密度が高いもののこと。加熱すると加工が容易になり、軽く、衝撃に強いという特性があります。DNPは独自のノウハウで、基材用フィルムや光学機能樹脂など用途別に各種高分子材料を開発しています。

機能の効果を高めるため、材料レベルから最適化を図る<分散/配合>技術

機能性材料を適切に配合してインキ化する技術です。材料性能を決める重要な技術のひとつで、パフォーマンスを発揮する配合を設計し、ムラなく均一に分散させることで安定した品質を確保します。

MESSAGE MOVIE