「デジタルアーカイブの予備知識(3)〜解像度編」

印刷会社社員によるコラム 第7回

スキャンをして画像補正を済ませたら、納品用データを作る工程に進みます。その際、重要となるのが解像度です。今回は解像度について詳しくご説明します。

  • 画質を左右する解像度。ただし、データ量も大きくなる
  • ファイルの保存形式は、汎用的なPDFがおすすめ
  • 最適な組み合わせは、サンプルでご提案

イメージ図

画質とデータ量のトレードオフで考える解像度

データを閲覧のみに使用するか、または、印刷物として使用するかといった目的によって必要な解像度と、最適な保存形式が異なります。

解像度(dpi)とは、1インチ四方にどのぐらいのドットが入っているかを示す数値で、数が大きくなるほど高精細になり、その分、データ量は大きくなります。写真データの場合、パソコンやスマホのディスプレイで表示させるのであれば72dpi程度、印刷物の出力であれば350dpi程度必要と言われます。

ただし、解像度を上げれば高精細にはなりますが、その分データ量も大きくなり、開く際に動作が遅くなったり、ネットワークを圧迫したりと、運用面で使いづらくなってしまいます。高解像度低圧縮データが必要かどうか決められない場合は、閲覧用の低解像度高圧縮データも用意して、セットで納品するケースもあります。

ちなみに、第3回でご紹介した「e-文書法」のガイドラインでは保存文書の解像度は200dpi以上としています。ただ、拡大すると小さい文字が潰れてしまって、読みにくい場合があるので、DNPでは600dpiを基準として、原本の内容や用途に合わせた解像度をご提案しています。

用途を問わず使いやすいPDF形式

ファイルの保存形式は、圧縮することでデータ容量が軽くなる「JPEG」形式や、非圧縮の「TIFF」形式などの選択肢がありますが、文字が含まれている場合は、文字情報を保持できる「PDF」形式がおすすめです。PDF形式はAdobe社が開発した電子文書形式で、Web上で共有される資料や電子マニュアルなどに使われています。PDF形式の主な特長は、以下のとおりです。

  • レイアウトや文字情報などを保持できる
  • 画像も保存できる
  • PCやスマホのOSを問わず閲覧できる
  • 任意の基準で圧縮し、データ量を少なくできる
  • セキュリティ設定ができる

先ほどの「e-文書法」においても、このPDF形式での保存が推奨されています。つまり、文書を共有しやすい形で保存するならPDF形式が最適といえるでしょう。DNPでは、特にファイルの保存形式についてご指定をいただいてない場合は、汎用性が高いPDF形式で納品データを作成しています。

最適な組み合わせは、サンプルでご提案

ここまでご紹介してきたように、スキャンデータの納品形態は、色味に影響する「カラーモード」、画質に影響する「解像度」、汎用性に影響する「ファイルの保存形式」などを最適な形で組み合わせてご提案します。とはいえ、実際にご覧いただかないと決められないと思いますので、DNPでは、最適と思われる組み合わせでサンプルを複数ご用意し、確認していただくようにしています。

その他「お役立ちコラム」はこちら

イメージ図

対象物のスキャニング後、保存する際のカラーモードを選択。カラーとモノクロ、それぞれの特徴を紹介していきます。

イメージ図

DNPのデジタルアーカイブは電子化しただけでは終わりません。最後に「使いやすいデータ」に仕上げるための大切な工程があります。

[法人向け]資料の電子化・デジタルアーカイブ

紙の書類や製本された資料、写真やネガ・ポジといったフィルム資料、8ミリビデオなどの映像・音声の記録媒体……。会社の倉庫に眠っている大量のアナログ資料を整理整頓(アーカイブ)して、まるごとデジタル化します。

この記事の紹介社員

大日本印刷株式会社 出版メディア事業部 山田 和之

「DTPエキスパート」「文書情報管理士1級」の資格を持つ"資料の電子化のエキスパート"
電子化について気になることがあればぜひお問合わせください!