2017/11/08

セキュアに“情報”を守り、安全・安心で確かな情報コミュニケーションを実現する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

POINT この記事のポイント

  • IoTデバイスのセキュリティ対策の重要性
  • IoTにS(セキュア)を加えたIoSTプラットフォームの構築
  • IoTデバイスから生み出される情報の保護

既に脅威にさらされているIoTデバイス

近年、センサーやデバイスなどのモノがインターネットを通じて情報のやり取りをするIoT(Internet of Things)が、生活者の利便性や企業の生産性を向上させると大きな期待を集めています。

一方で、生活者の暮らしを脅かすPOS端末ハッキングによるカード番号の大量不正流出や重要インフラへのサイバーテロ攻撃による大規模停電、企業システムが停止するほどの世界規模でのランサムウェア感染など、サイバー空間での攻撃がリアルな空間に影響を与えています。

これらは、セキュリティ対策が不十分であったセンサーやデバイスがインターネットにつながったことで、悪意ある第三者から攻撃を受けた事例です。今後IoTを普及させていくなかで、セキュリティ対策を十分に行うことは重要なことです。

IoTのセキュリティニーズに応えるDNPのIoSTプラットフォーム

DNPはこれまでICキャッシュカードやSIMカードなどの開発・製造・発行、ICカードの基本ソフトやアプリケーションの開発、ネットワーク経由でのデータ管理や発行処理システムの開発・運用などに取り組んできました。これらICカードビジネスで培った知見や技術を強みに、IoTにS(セキュア)を加えた「IoST(Internet of Secure Things)」を推進し、プラットフォームやIoTサービスを提供します。

デバイスとクラウドをセキュアにつなぐIoSTプラットフォームはインターネットを飛び交う情報の改ざんや機器のなりすましなどを防ぎます。

IoSTプラットフォームは、不正アタックから情報を守る耐タンパ性を備えた「ICチップ」をデバイスに実装し、チップごとに格納された暗号鍵を用いデバイスとクラウドが互いにやり取りする情報を暗号化し、正しく復号することで、安全・安心な情報の流通を実現しています。

DNPのIoSTプラットフォームは、金融業界・自動車業界、重要インフラ(電気・水道・ガス)等、高いセキュリティレベルを必要とする業界を中心に導入が進んでいます。
DNPはセキュリティノウハウを活用し、社会が安心してIoTの便利さを感じる「未来のあたりまえ」をつくっていきます。

「IoST®」のお問い合わせはこちら