重要インフラ事業者の産業制御系分野で実務経験を持ち、セキュリティを学びたい方。
IT分野で実務経験を持ち、産業制御系システム及びそのセキュリティを学びたい方向けのコース。

CIRMコース産業制御系・基礎

産業制御システムのサイバーセキュリティ防御で必要な項目を体系的・網羅的に取得

重要インフラでのサイバーセキュリティ防御の重要性が叫ばれている

従来、サイバー攻撃の対象は企業や組織の情報システムが主で、これらのシステムが保有する知的財産や個人情報を狙う攻撃が主流でした。一方、産業制御系システムはネットワークから隔てられており、通信プロトコルも違うため外部の攻撃から比較的安全と言われていました。しかし、機器のメンテナンスやソフトウェア更新時にオフィス機器に接続したり、外部ベンダーによるインターネット経由の遠隔監視など、セキュリティ上のリスクが高まっています。
電力・ガス・鉄道・金融・化学などの重要インフラや工場、プラントなどで利用される産業制御システムが狙われ始めており、その対応が大きな課題となっています。

重要インフラでのサイバーセキュリティ防御の重要性が叫ばれている

すでに起こっている重要インフラへのサイバー攻撃

すでに海外では重要インフラが攻撃され、核燃料施設の機器破壊や、140万世帯に及ぶ大規模停電など、物理的な損害に至った事故も発生しています。日本でも自動車メーカーの工場が操業停止する事例や、水道局のシステムが狙われ停止する事例などが発生しています。
こうした産業制御システムへのサイバー攻撃の対策は、セキュリティ製品やツールによる技術的な対策だけでは完全に防ぐことが難しく、情報系システムと制御系システムの知識を持ち、専門的に訓練されたサイバーセキュリティ技術者による判断や対応が必要となっています。

すでに起こっている重要インフラへのサイバー攻撃

産業制御系システムのセキュリティに関わる技術者に今、求められているコース

多様で詳細な事例を基に、情報系システムと制御系システムの違いに伴うサイバー攻撃の脅威と予防手法を学ぶことで、産業制御系システムのサイバーセキュリティ防御に必要な項目を体系的・網羅的に習得できます。

産業制御系システムのセキュリティに関わる技術者に今、求められているコース

産業制御系システム対応セキュリティ人材を育成し、
サイバー攻撃の被害を最小限に

演習コースの特徴

産業制御系システムのサイバーセキュリティ防御で必要な項目を体系的・網羅的に取得

SCADA/産業制御系(基礎)

仮想環境上の模擬プラントで実践演習

仮想環境上に構築した産業制御系システムの模擬プラントを活用し、システムの脆弱性とサイバー攻撃を体験学習形式(ハンズオン)で学ぶとともに、攻撃の軽減手法を身につけることができます。

SCADA/産業制御系(基礎)

Smart Logic社と共同開発の産業制御系コース

産業制御系システム分野に強みを持つイスラエルのSmart Logic社が、シンガポール内務省で採用実績のあるコースを基に、イスラエルのIAI(イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ)社と共同開発。TAME Range上で動作する演習コースに産業制御系システム向けのコースを追加しました。

SmartLogic

Smart Logic社

Smart Logic社は、制御と自動化分野で18年の実績があります。
産業制御システムの主要な脆弱性と攻撃手法、攻撃の軽減化手法を研究してきており、その成果がコース設計に活かされています。

TAME RANGE 最新のサイバー攻撃に対応するための訓練システムを導入

サイバー・インシデントレスポンス・マネジメントコースでは、世界トップレベルのサイバーセキュリティ技術を持つイスラエルのIAI(イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ)社製品「TAME Range」を導入しています。仮想環境上に産業制御系の模擬プラントを構築、システムの脆弱性とサイバー攻撃の脅威を体験学習形式(ハンズオン)で学びます。

産業制御系 仮想トレーニング環境図
仮想トレーニング環境の例

※1.Programmable Logic Controller:工場などで用いられる制御装置
※2.Human Machine Interface:機械とオペレーターの接点となる入出力装置
※3.Historian:産業制御分野で用いられる、データ収集・蓄積システム

CURRICULUM 産業制御系・基礎 詳細

5日間コース(8時間/日)スケジュール

講義 演習
産業制御システムの基礎
産業制御機器分野でのサイバー脅威
講義 演習
産業制御システム
サイバーセキュリティの基礎
  • 自動化システムに対するサイバー攻撃
  • 産業制御機器分野でのネットワーク・プロトコル
  • 監視制御・操作デバイス・ヒストリアンの脆弱性
講義 演習
インシデント対応
脅威に気付き、産業制御機器環境を守る

推奨受講対象

重要インフラ事業者の産業制御系分野で実務経験を持ち、セキュリティを学びたい方。
IT分野で実務経験を持ち、産業制御系システム及びそのセキュリティを学びたい方。

推奨スキル

Windowsの基礎知識
(※Linuxの知識は必須ではありません)

受講料

お問合せください

お問い合わせアイコン お問い合わせ

スケジュールについて

開講スケジュール(PDF)

スケジュールカレンダーアイコン ダウンロード

受講可能人数には限りがございます
まずはお問い合わせください

お問い合わせはこちら