東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の
オフィシャルパートナー(印刷サービス)

未来のあたりまえをつくる。DNP

DNPは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャル パートナー(印刷サービス)として、大会の成功を支援します。
スペシャルサイトでは、過去の大会で起こったイノベーションのエピソードを紹介しています。
DNPもイノベーションによる新しい価値を生み出すため、日々挑戦を続けています。

広告キャンペーン

クラウチングスタート篇

制作意図

第1回オリンピック競技大会(1896/アテネ)でクラウチングスタートを登場させたトーマス・バーク選手。
彼は、オリンピックの場でいきなりこのような方法を用いたわけではなく、
ここに至るまでには情報収集や研究に多くの時間を費やし、試行錯誤を繰り返してきた、挑戦の日々があったはずです。
その挑戦の積み重ねの結果が、同大会での優勝という成果につながったことで、
世の中に新しい価値として受け入れられ、広く普及していったのでしょう。

DNPも彼と同じように、社員一人ひとりがそれぞれの分野で挑戦を積み重ね、新しい価値を生み出すことを目指しています。
「未来のあたりまえ」をつくるため、日々挑戦を続けるDNPの企業姿勢を、この広告で表現しています。

※なお、第1回オリンピック競技大会(1896/アテネ)では、1位が銀メダル、2位が銅メダルでしたが、
優勝したことをわかりやすく伝えるため、広告内では「金メダルを獲得した」という表現にしています。

関連リンク