DNPの技術

DNPは創業以来、印刷技術(Printing)と情報技術(Information)、「P&I」を応用・発展させ、豊富な技術・ノウハウを強みに社会のニーズに応える製品やサービスを提供してきました。そして今、多様な事業領域に広げてきた活動をさらに進め、社会全体の成長につながる新しい価値を創出していきます。

技術の樹 P&Iの展開 印刷技術と情報技術×材料=新しい価値

DNPの技術は、モノづくりの基礎となる「微細加工」「精密塗工」「後加工」と、それを支える「企画・設計」「情報処理」「材料開発」「評価・解析」に大きく分かれ、それぞれの技術が拡がり、高度化することで、さまざまな技術に発展しています。印刷から発展したDNPの技術は、現在も進化を続けています。
しかし、DNPの強みは多くの技術を持っていることだけではありません。これらの複数の技術を掛け合わせ、新しい価値を持つ製品やサービスを生み出せることが特長です。
それらを「技術の樹」で表現しています。技術の樹は、根っこの部分にある印刷プロセスから発展した技術と「素材」を掛け合わせることで、パズルのように結合し、形を変え、さまざまな製品を生み出してきたことを表現しています。

例えば「本」をつくる際は、基礎となる印刷技術や製本技術を掛け合わせ、さらに素材となる紙を掛け合わせて作られています。その後、素材となる紙をフィルムや金属に置き換え、さらに高度化した技術を掛け合わせることで、パッケージ、建材、エレクトロニクス部材などの製品やサービスを生み出してきました。

これからもDNPはさまざまな技術を掛け合わせることによって、新たな価値を生み出していきます。

P&Iラボ・テクノロジー

P&Iラボ・テクノロジーは、DNPの強みである印刷技術(Printing)と情報技術(Information)を起点に、社外の方とコラボレーションしながら新しい価値を創り出していく施設です。

この施設を活用しながら研究開発ビジョンを議論し、社外の技術・アイデアを掛け合わせて、今までにない新しい価値を創造する「P&Iイノベーション」を進めていきます。

P&Iラボとは

P&Iラボ・テクノロジー 展示内容はこちら

コラボレーションの領域

DNPが考えるコラボレーションの領域とは:DNPが保有するDNPの技術 + 微細加工 + 精密塗工 + 後加工 + 企画・設計 + 情報処理 + 材料開発 + 評価・解析,これらを中心に、4つの成長領域「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」が広がります。

知とコミュニケーション

心地良いコミュニケーションを通して暮らしを支え、文化を育んでいく価値を提供していきます。

食とヘルスケア

世界の人口動態が変化し、国内の少子高齢化が進むなか、安全で質の高い生活を支え、生涯にわたる健康維持をサポートする価値の創出に取り組んでいきます。

住まいとモビリティ

住宅や店舗、オフィスや病院、自動車や鉄道車両など、人々が日々生活していくすべての空間に、高い安全性と快適性という価値を提供します。

環境とエネルギー

経済的な発展と地球環境の保全を両立させる持続可能な社会の実現に向けて、多様な製品・サービスの開発を加速させていきます。

印刷技術の拡がりと高度化

DNPの印刷技術の始まりは、明治維新から間もない1876年。それから約70年間、書籍や雑誌などの紙の印刷物を手掛けてきました。和紙が主流だった当時の日本で、表紙向けに板紙開発するなど、必要なものは自社で生み出してきました。

その後、1950年代に、DNPの印刷技術は大きな躍進を遂げます。紙の印刷で培った技術を高度化し、印刷対象を布やフィルム、金属、ガラスなど紙以外のさまざまな素材へ広げ、事業を拡大してきました。
一見「印刷」に関係ないように見える製品も、元をたどれば、すべて「印刷技術」の拡がりと高度化によって作り出されてきました。ここで印刷工程ごとに培ってきた技術の一部をご紹介します。

基盤技術はこちら

研究開発活動/知的財産活動

印刷技術と情報技術の応用発展により事業領域を拡大してきたDNPにとって重要な企業活動といえる研究開発活動と、広範な事業活動を支えている知的財産活動についてご紹介します。

研究開発活動/知的財産活動

研究開発の事例

技術の応用・展開の視点で創造されるDNPの研究開発の具体的事例をご紹介します。

技術関連コンテンツ

技術に関連するコンテンツをピックアップしてご紹介します。