DNPがめざすもの

DNPは常に、持続可能なより良い社会、より快適な暮らしを実現していく「志」を抱き、
その思いを「未来のあたりまえをつくる。」というブランドステートメントに込めています。
独自の「P&I」の強みを掛け合わせ、国内外のパートナーとともに、
未来を今よりも良いものにしていく「挑戦」を続けて、
人々の身近に“あたりまえ”に存在する欠かせない価値を提供していきます。

DNPグループビジョンと
果たすべき責任

DNPは、ビジョンのもとで「3つの社会的責任」をしっかりと果たし、社会の課題を解決するとともに、人々の期待に応える価値を提供していくことで、社会や人々から常に信頼される存在であり続けます。

DNPグループビジョン

DNPグループの経営の基本方針。
「企業理念」を中心に、「事業ビジョン」と「行動指針」で構成されています。

グループビジョン/ブランドステートメント/行動規範

果たすべき3つの責任

あらゆるステークホルダーから常に信頼される企業であり続けるために、DNPが果たしていく3つの責任です。

DNPの考えるCSR「3つの責任」

DNPの価値創造について

DNPの価値創造プロセス

社会課題や人々の期待を把握・分析し、「P&Iイノベーション」によってDNPならではの価値を開発・提供し、さらなる価値の創出に向けて財務基盤と非財務資本を強化して、新たな企業活動に再投資していく――。
この好循環を続けることによって、持続可能なより良い社会、より快適な人々の暮らしを実現していくことがDNPの価値創造プロセスです。

DNPの価値創造プロセス

中期経営計画

基本方針1 「P&Iイノベーション」による価値創造
  • 1-① 成長領域を中心とした価値の創出
  • 1-② 各国・地域への最適な価値の提供
  • 1-③ あらゆる構造改革による価値の拡大
基本方針2 成長を支える経営基盤の強化
  • 2-① 財務・非財務資本の強化
  • 2-② コーポレート・ガバナンスの強化

中期経営計画

DNPの技術

DNPの強みは、印刷(Printing)と情報(Information)のさまざまな技術を掛け合わせることにあります。印刷の基本工程から生み出された技術をベースとしながら、常に最先端のものへと磨き続け、応用・発展させていくことで、多様な事業を創出していきます。

技術/研究開発

未来のあたりまえをつくる
取り組み

DNPのESG経営

Environment 環境への取り組み

「DNPグループ環境ビジョン2050」

DNPは、持続可能な社会の実現に向けて、「P&Iイノベーション」による新たな価値の創出により、「脱炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」の実現に貢献していきます。

環境

Social 社会への取り組み

DNPは、「環境」も含めて、社会的責任を果たすうえでの重点テーマを定めています。
国連グローバル・コンパクトやSDGs等を中心に総合的に分析し、具体的な取り組みを推進しています。

Governance 企業統治

DNPは、あらゆるステークホルダーから信頼される企業となるために、コーポレート・ガバナンスの充実を経営上の重要課題のひとつと捉えています。的確な経営の意思決定、それに基づく適正かつ迅速な業務執行、それらを監督・監査する体制の構築・運用に努めています。

コーポレート・ガバナンス

DNPが推進する「ニューノーマル」=「未来のあたりまえ」

DNPは変えるべきものを変え、変えてはいけないものを貫いて、より良い社会、より快適な暮らしを実現する新しい価値を創出していきます。

DNPのニューノーマルを詳しく見る