DNPがめざす未来/ありたい姿

“人と社会をつなぐ”新しい価値を創出していく

私たちはコロナ禍においても、常に取引先やパートナーの皆様、社員とその家族の健康と安全を最優先にしながら、社会や人々に一層の価値を提供していけるよう、さまざまな取り組みに注力しています。
DNPは企業理念に、「人と社会をつなぎ、新しい価値を提供する」ことを掲げており、例えば「人と医療」「人と教育」が分断しないような、また安定した心地よい「衣食住」から人々が切り離されないような価値をつくり出していきます。また、家族や友人・仲間たちと安全・安心につながるコミュニケーションの仕組みも提供していきます。
急激に変化する環境・社会・経済に対して、単に変化に対応するだけでなく、常に自分から変化を起こすことによって、人と社会をつなぎ続ける製品やサービスを届けていきます。このように自分たちが主体となって、「より良い未来」をつくり出していくため、まずどのような「未来」を実現したいかという姿を明確にし、長期戦略と中間目標を策定・設定して、注力事業等に経営資源を集中させることで企業価値の最大化に努めていきます。

4つの成長領域

*図:「4つの成長領域」はこちら

“DNPだからこそ生み出せる価値”で未来をより良いものに

DNPの価値創造プロセスは、社会課題や人々の期待の把握に始まり、事業ビジョンである「P&Iイノベーション」の推進によって、社会課題を解決するとともに、人々の期待に応える新しい価値の創出につなげていきます。「P&I」(印刷と情報)の強みは印刷プロセスを原点として育んできたDNP独自のものであり、他社にはない差別化要因となります。情報処理・微細加工・精密塗工・後加工といった技術や、営業・企画・製造・スタッフなどの強みを磨くとともに、それらを掛け合わせることで可能性を無限に広げていきます。また、数万社におよぶ取引先企業をはじめ、国内外の多くのパートナーとのつながりも、DNP独自の社会・関係資本であり、パートナーシップの強化によって価値創出の幅を拡げ、スピードを上げていきます。
こうした事業の推進には、財務資本と人的/知的/製造/自然/社会・関係の非財務資本を統合的に活かす必要があります。事業の拡大を加速させ、サステナブルに成長していくために、財務基盤の強化と非財務資本の強化を図っていきます。DNP独自の強みを掛け合わせ、多くのパートナーとともに、社会と人々に欠かせない価値を提供していきます。

DNPグループのありたい姿

図:「DNPグループのありたい姿」

「第三の創業」の実現をめざす

1876年と1907年に創業した前身となる2社が1935年に合併して、大日本印刷株式会社となりました。約75年間、出版印刷を中心に事業を展開した後、戦後の1951年には「再建5か年計画」を掲げて、印刷技術の応用・発展による事業領域の拡大に挑みました。その結果、世界でも稀な総合印刷業となり、こうした成果を私たちは「第二の創業」と呼んでいます。
この段階では、主に顧客企業のニーズに応えて、個別の製品・サービスを提供してきましたが、現在はDNP自身が社会と生活者に直接向き合うことが欠かせません。国内外の状況が大きく変化するなか、私たち自身が主体となって「未来のあたりまえ」をつくっていくことが重要であり、この大きな転換を「第三の創業」と捉え、その実現に取り組んでいます。
「第三の創業」においては、個々の強みを単独で活かすだけではなく、積極的に掛け合わせて相乗効果を高めていく必要があります。そのためにも社員の意識と行動を変革し、その活動を支える組織・制度なども変革して、「オールDNP」の総合力の発揮につなげていきます。

多様な社員とパートナーを財産に、明るい未来へ

私たちが向き合う社会は、まさに多様な人々で構成されています。そうした社会と人々が望む価値を常に提供していくために、まずDNP自身が「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性と包摂)」を徹底して推進しています。例えば、あらゆるジェンダーギャップを解消するとともに、障がいの有無などに関わらず国内外の全社員の強みを掛け合わせ、多くのパートナーとも深く連携して、「オールDNP」の総合力を高めていきます。
こうした思いを込めて、2020年3月に「人権方針」を策定し、7月に「DNPダイバーシティ宣言」を社内外に発信した後、12月には、株式会社ワーク・ライフバランスの「男性育休100%宣言」に賛同しました。また2021年4月には、今まで以上に社員の健康づくりを戦略的に推進し、組織の活性化につなげるため、「DNPグループ健康宣言」を発しました。
私たちDNPには、常に変革に挑戦する企業文化があります。これからもより長期を見据え、持続可能な社会のなかで人々の健やかな暮らしが輝き続けていくように、新しい価値を創出し続けていきます。

*「DNPの人財・人権への取り組み」はこちら

トップメッセージ

中期経営計画を語る
「長期を見据え、価値創出の成果を積み重ねていく」